お手柄5歳男児! 意識不明の祖父を救うため冷静に緊急通報(英)

お手柄5歳男児! 意識不明の祖父を救うため冷静に緊急通報(英)
祖父を救ったとして表彰された5歳男児(画像は『Gazette Live 2018年12月4日付「‘My grandad’s ill’: Hear the crucial 999 call made by quick-thinking Lucas, five」』のスクリーンショット)
緊急事態が起こった時、誰しも恐怖とパニックに陥るだろう。しかしそんな状況下にいたにもかかわらず、5歳の子供が冷静に緊急通報し祖父の命を救ったニュースがイギリスで報じられた。後にこの男児は警察署から表彰状を授与され、早めのクリスマスプレゼントを受け取ったという。『Gazette Live』『BBC News』などが伝えた。

ノース・ヨークシャー州リッチモンドシャー区キャッタリックの村に住む祖父ギャリーさんのもとに滞在していたルーカス・カーター君(5歳)は12月1日の朝、とんでもない経験をすることとなった。ルーカス君が目覚めた時、ギャリーさんがソファーで意識不明の状態になっていたのだ。

ルーカス君はすぐに「999」へ緊急通報し、オペレーターのギャビー・ラッジ・コックスさんに事情を説明した。幼い子供が通報してきたと知ったギャビーさんは、か細い声ではあるがしっかりと状況を説明したルーカス君から必要な情報を得て住所を特定し、救急車と警察をギャリーさんの家に向かわせた。また同時に、ルーカス君の母親アレックス・ライトさんの居場所を特定し、ギャビーさんの同僚が連絡をとった。

通報から7分後に救急車とジェイムズ・ボウイ警官がギャリーさん宅に到着。アレックスさんからギャリーさんが糖尿病を患っていることを聞いた救急隊員は、自宅で糖尿病性昏睡状態に陥っていたギャリーさんの治療にあたった。ルーカス君が素早く機転を利かせて通報したことで、ギャリーさんの命は救われた。これについてノース・ヨークシャー州警察は12月4日、ダラム州ストックトン=オン=ティーズのイングルビー・バーウィックにあるルーカス君が通うウィンストーン小学校を訪問し、児童らの前でルーカス君の勇気ある行為を称えた。...続きを読む

あわせて読みたい

TechinsightJapanの記事をもっと見る 2018年12月6日の国際総合記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

新着トピックス

国際総合ニュースアクセスランキング

国際総合ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

海外の人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

世界の経済情報、政治、外交、宗教や事件など世界中の情報をお届け中。