閉経のためトランスジェンダーと誤解された無実の女性、男性刑務所に収容される(米)

閉経のためトランスジェンダーと誤解された無実の女性、男性刑務所に収容される(米)
トランスジェンダーに間違われ男性刑務所に拘留された女性(画像は『New York Post 2018年12月3日付「Grandma mistaken as transgender, sent to all-male jail」(Miami-Dade County Corrections)』のスクリーンショット)
このほどアメリカで行われた裁判の訴訟内容が、警察のずさんな行動を露わにした。正真正銘の女性である容疑者を性別が男性のトランスジェンダーとみなし、男性受刑者用の刑務所に勾留したのだ。『Miami Herald』『New York Post』などが伝えている。

先月21日に米マイアミの連邦控訴裁判所で行われた裁判が、人々の関心を集めている。これは警察側の怠慢により一人の女性が大きな屈辱と恐怖を味わったことで刑事訴訟を起こしたものだった。女性はフィオル・ピチャルド・デ・ベロツさん(Fior Pichardo de Veloz、55)といい、ドミニカ共和国で弁護士の仕事をしている。

フィオルさんが2013年11月4日、孫の出産に立ち会うためマイアミを訪れた時のことだった。マイアミ国際空港に到着した彼女は空港警察により麻薬所持の疑いで身柄を拘束されてしまった。そしてフィオルさんはマイアミ・デイド郡のターナ・ギルフォード・ナイト刑務所に移送された。

フィオルさんはこの時、女性としてプライバシーが守られた場所で身体検査を受けた。女性警察官は密輸品を身体のどこかに隠していないか調べるため、衣服を全て脱ぐように指示をした。この時、女性警察官はフィオルさんから麻薬や密輸品などは確認できなかったと報告している。

ところがフィオルさんは高血圧を患っているため、刑務所内の医師の診察を受けなければならなかった。フィオルさんは当時、閉経後の更年期障害の治療のためホルモン補充療法を受けていた。...続きを読む

あわせて読みたい

TechinsightJapanの記事をもっと見る 2018年12月6日の国際総合記事
「閉経のためトランスジェンダーと誤解された無実の女性、男性刑務所に収容される(米)」の みんなの反応 2
  • 匿名さん 通報

    トタンプ「整形とホルモン注射で、ファトゥ看護師を男性に、ロドリゲス医師を女性に性転換した、これで許してもらえまいか?」

    1
  • 匿名さん 通報

    トタンプ → トランプ

    1
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

新着トピックス

国際総合ニュースアクセスランキング

国際総合ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

海外の人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

世界の経済情報、政治、外交、宗教や事件など世界中の情報をお届け中。