閉経のためトランスジェンダーと誤解された無実の女性、男性刑務所に収容される(米)



フィオルさんの恐怖と屈辱は計り知れないものがあった。もともと弁護士であるフィオルさんは「米国憲法に違反し残酷でありえない刑罰を受けた」として、国と郡の刑務所職員を訴えた。

しかし第一審では訴えが退けられたため、フィオルさんはそれを不服として先月に控訴していた。そして11月21日の第二審の裁判で、フランク・ハル裁判官はこのように説明と補足をした。

「フィオルさんは医師や看護師に何度も女性であることを訴えたのにもかかわらず、主張が受け入れられることはなかった。彼らは彼女の健康状態を故意に無視し、頑なに性別を確認することを拒んだ。」
「物の分別がつく看守と医療関係者であれば、生物学的に女性である者を男性収容刑務所に身柄を置くということがいかに不当かということを知っているはずだ。」

裁判の結果はまだ先のことになりそうだ。

画像は『New York Post 2018年12月3日付「Grandma mistaken as transgender, sent to all-male jail」(Miami-Dade County Corrections)』のスクリーンショット
(TechinsightJapan編集部 MasumiMaher)

あわせて読みたい

TechinsightJapanの記事をもっと見る 2018年12月6日の国際総合記事
「閉経のためトランスジェンダーと誤解された無実の女性、男性刑務所に収容される(米)」の みんなの反応 2
  • 匿名さん 通報

    トタンプ「整形とホルモン注射で、ファトゥ看護師を男性に、ロドリゲス医師を女性に性転換した、これで許してもらえまいか?」

    1
  • 匿名さん 通報

    トタンプ → トランプ

    1
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

新着トピックス

国際総合ニュースアクセスランキング

国際総合ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

海外の人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

世界の経済情報、政治、外交、宗教や事件など世界中の情報をお届け中。