死んだはずの娘と69年の時を経て対面した母(米)<動画あり>

それはDNA検査キット「Ancestry」だった。このキットは自分のルーツがわかるだけでなく、遺伝子鑑定結果をシステムに登録することで同じ遺伝子を持つ人を捜すことができる。このプレゼントを貰ったコニーさんはボニーさんとともに登録し、その結果ボニーさんは数人のいとこが存在することが分かった。そしてそのいとこを通して、会ったことのない祖母ジェネヴィエーヴさんの存在を知った。実母の存在がわかったコニーさんは、施設宛てに自分の電話番号を書いたカードを郵送し、ジュネヴィエーヴさんからの連絡を待ち続けた。そしてようやく9月8日、2人は初めて電話で言葉を交わすことができた。

「最初に、母は『私はあなたの母親だと思う』と言ってきたのです。実の母からの電話をついに受けて、それはもう信じられない気持ちでした。母は、私が最初に付けられた“マーガレット・アン・ミッチ”という名前も覚えていました。」

そして12月3日、コニーさんはバーモント州から母の住むフロリダ州の老人ホーム施設を訪れた。69年ぶりの対面となったジェネヴィエーヴさんとコニーさんは、笑顔で対面しながらもやはり感極まり号泣。同行したボニーさんも「みんなして泣いてしまいました。本当に会えてよかった」と感動し、ジェネヴィエーヴさんはすっかり成長した娘を抱きしめながら「まさか生きていたなんて」と喜びを露わにした。このDNA検査のおかげで、これまで孤独だったジェネヴィエーヴさんは娘と孫だけでなくひ孫とも繋がれるようになった。

あわせて読みたい

TechinsightJapanの記事をもっと見る 2018年12月7日の国際総合記事
「死んだはずの娘と69年の時を経て対面した母(米)<動画あり>」の みんなの反応 3
  • 匿名さん 通報

    この反対で多くの子供と孫・曾孫に恵まれたおじいさんが、実は誰とも血のつながりがないことも分ってしまうこともある。そんな場合は何も知らないまま天国に行かせてあげたい。おばあさんは地獄!

    1
  • 匿名さん 通報

    代理出産の情報など、当事者が知りたいと言っていることまで隠すのは異常。しかも海外のマネであって日本独自の哲学が示されたことはない。役人も政治家も馬鹿揃い。

    0
  • 匿名さん 通報

    なぜ、母親にも知らせずに、勝手に養子に出したんだ。なにか事情があったとは思うが、なんか理不尽だな。

    0
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

新着トピックス

国際総合ニュースアクセスランキング

国際総合ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

海外の人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

世界の経済情報、政治、外交、宗教や事件など世界中の情報をお届け中。