俳優カーク・ダグラスが現地時間9日、102歳の誕生日を迎えた。息子のマイケル・ダグラス(74)やその妻である英出身の女優キャサリン・ゼタ=ジョーンズ(49)、そしてカークの孫らが次々とSNSに素敵な祝福メッセージを投稿している。

1940年代からハリウッドで活躍してきた名俳優カーク・ダグラスが現地時間9日、102歳の誕生日を迎えた。マイケル・ダグラスはこの日、Instagramに父カークの写真をアップし「102歳の誕生日おめでとう。あなたは私のヒーロー。愛しています」と綴った。そしてマイケルの妻で女優のキャサリン・ゼタ=ジョーンズは、美しいモノクロの動画を公開。クリスティーナ・アギレラの『Beautiful』のメロディーに乗せて、俳優時代のハンサムな姿や家族に囲まれ茶目っ気たっぷりの笑顔を浮かべた幸せそうなカークの表情がスライドショーで流れるこの動画には、「102歳には見えないね!」「愛する家族に囲まれここまで長生きできるカークが羨ましい!」といったコメントが多数寄せられている。

また、動画の中で美しい弾き語りを披露したマイケル&キャサリンの娘カリスさん(15)は、Instagramに俳優時代のカークのモノクロ写真を投稿し「私のインスピレーション。大切なおじいちゃんへの想いは、言葉にできないほど。お誕生日おめでとう。愛しています」と言葉を添えている。マイケル&キャサリンの息子ディランさん(18)もモノクロ写真ともに「大勢の人に愛されているけど、僕のおじいちゃんへの愛はダントツ世界一さ。永遠に愛しています」とスイートなメッセージをInstagramに綴った。

『危険な情事』や『氷の微笑』などで知られるカークの息子マイケル・ダグラスは先日、ハリウッド殿堂入りを果たしたが、この式典にカークは車椅子で出席しており、息子の快挙を祝福する元気な姿が目撃されていた。スピーチで「今日こうしてあなたがこの場所にいてくれることは、僕にとってこの上ない喜びです」「あなたの息子であることを誇りに思います」と述べるマイケルの姿に、カークは「目頭を熱くしていた」と後にキャサリンが『PEOPLE.com』に明かしている。「ハリウッド・ウォーク・オブ・フェーム」の星形プレートお披露目式典には「何としてでも駆けつける」と言って聞かず、息子の晴れ姿を見ようと大変張り切っていたそうだ。

最近はFaceTimeのやり方を覚え、楽しんでいるというカーク・ダグラス、愛する家族に囲まれてまだまだ長生きしてほしいものである。



画像2枚目は『Hollywood Walk Of Fame 2018年11月7日付Instagram「Three generations!」』のスクリーンショット
(TechinsightJapan編集部 c.emma)