恋人の3歳息子を虐待しコンクリート詰めにした男に懲役109年(米)

恋人の3歳息子を虐待しコンクリート詰めにした男に懲役109年(米)
恋人の3歳息子を殺害し、109年の懲役刑を受けた男(画像は『The Wichita Eagle 2018年12月17日付「Stephen Bodine sentenced in murder of 3-year-old Evan Brewer」(Pool Video)』のスクリーンショット)
悲しくも、幼い子供が虐待された果てに命を落としてしまう心痛むニュースが頻繁に伝えられる中、このほどアメリカで昨年起こった児童虐待殺人事件の裁判が行われ、加害者の男に109年という懲役刑が下された。『The Wichita Eagle』『KWCH12』『Metro』などが伝えている。

米カンザス州ウィチタで2017年5月19日、当時3歳だった男児エヴァン・ブリューワー君がその短い生涯を閉じた。

母親ミランダ・ミラーとその恋人スティーブン・ボーダイン(41歳)と暮らしていたエヴァン君は、度重なる虐待を2人から受けていた。特にスティーブンが率先して、ミランダとともにエヴァン君を裸にして鎖に繋ぎ、首にはベルトを巻いて何時間も地下室で立たせるという虐待行為を何か月間にもわたり行っていた。5月19日、スティーブンはエヴァン君に食べ物も与えず壁に沿わせて何時間も立たせたうえ、力の限り暴力を振るった。そして、泣き叫ぶエヴァン君はスティーブンに浴室へ連れて行かれた末に絶命した。

ずぶ濡れで息絶えたエヴァン君の遺体を、スティーブンは数日後に借家である自宅の車庫にコンクリート詰めにして埋めた。エヴァン君の姿が見えないことに気付いた周りの人の問いかけには、「母親と留守にしている」と嘘をついていた。その後、スティーブンはミランダと引っ越したが、9月に大家がコンクリート詰めになったエヴァン君の遺体を発見した。

遺体は腐敗がかなり進行しており、警察によるとどのようにしてエヴァン君が死に至ったのかを特定することは困難だったという。しかし検死の結果、エヴァン君の体内に鎮静作用がある薬剤ベナドリルが残留していることが判明し、警察はエヴァン君が薬と一緒に致死量に至る塩を摂取させられていたことを突き止めた。

あわせて読みたい

TechinsightJapanの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

国際総合ニュースアクセスランキング

国際総合ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2018年12月20日の国際総合記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

世界の経済情報、政治、外交、宗教や事件など世界中の情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。