サンドラ・ブロック告白 『スピード』撮影時キアヌ・リーブスに惹かれていた

1994年に公開された映画『スピード』でキアヌ・リーブス(54)と共演したサンドラ・ブロック(54)。あれから24年以上が経ち、サンドラが当時キアヌに惹かれていたことを明かした。

サンドラ・ブロックとキアヌ・リーブスは映画『スピード』で世界的に大ブレイクし、その後2人はそれぞれキャリアを築き、映画『イルマーレ』(2006年)で再び共演していた。

そのサンドラ・ブロックが現地時間20日にトーク番組『エレンの部屋』に出演し、25年前の『スピード』の撮影を振り返った。サンドラは映画の写真を見せられて「これを見ると何を思う?」と聞かれると、「どれだけキアヌ・リーブスが優しかったかってことを思い出すわ。それからどれだけ彼がハンサムだったかってことも」と小声になりながら感情を込めて回答。その答え方からサンドラがキアヌにかなり魅了されていたのは明らかだった。

続けて、サンドラは興奮気味に「大変だったのよ。本当に。真面目な顔するのが大変だったんだから。彼が私を見つめると、私は(照れ笑い)あはははってなっちゃうから。真剣になろうとしたわ」「それから、私のワンピースがめくれちゃうから、私は『何をしていても、ワンピースがめくれないようにしていて』って伝えたわ。スタントしている時、彼は私のワンピースがめくれないように注意してくれていたのよ」「本当に優しかったわ」と説明した。

キアヌ・リーブスのハンサムさと優しさに惹かれていたサンドラ・ブロックであったが、交際には至らなかったと言う。サンドラは「彼は私の何かが好きじゃなかったんだと思う」と笑いながら答え、「恋愛関係にならなかったから、私たちは長い間友達でいられるんだと思うの」と話した。

キアヌ・リーブスは昨年、『PEOPLE.com』にサンドラ・ブロックと再び共演したいとコメント。「まだ(共演できる)映画は見つかっていないよ。でも、探しているんだ!」ととても乗り気であった。

ハンサムな上に25年前から共演者を思って優しく接していたキアヌ・リーブス。今回のサンドラ・ブロックの発言でキアヌの好感度がさらに上がることになったようだ。
(TechinsightJapan編集部 朝倉リリー)
編集部おすすめ

当時の記事を読む

TechinsightJapanの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

ピックアップ

もっと読む

「キアヌ・リーブス」に関する記事

「キアヌ・リーブス」に関する記事をもっと見る

次に読みたい「キアヌ・リーブス」の記事

次に読みたい「キアヌ・リーブス」の記事をもっと見る

海外セレブニュースランキング

海外セレブランキングをもっと見る
お買いものリンク