テキサスで6,719gのビッグベビー誕生 病院の体重記録を大きく更新(米)

テキサスで6,719gのビッグベビー誕生 病院の体重記録を大きく更新(米)
テキサス州で6,719グラムの赤ちゃんが誕生(画像は『NBC 7 San Diego 2018年12月27日付「Oh Baby! Texas Newborn Weighs in at 14 Pounds, 13 Ounces」(Family Photos)』のスクリーンショット)
このほど、米テキサス州アーリントンにある病院で6,719gのビッグベビーが誕生し、同病院の新生児体重記録を大きく更新するというニュースが『NBC 7 San Diego』『USA TODAY』などで伝えられた。

12月12日、テキサス州アーリントンにあるアーリントン記念病院で、ジェニファーさんとエリック・メドロックさんの第2子となる男児が14ポンド13オンス(6,719g)で誕生した。

エリックさんとともにアーリントン・インディぺンデント学区で音楽教師を務めるジェニファーさんは、長女アナベルちゃん(2歳)を9ポンド10オンス(4,366g)で帝王切開にて出産しており、今回も「娘より少し大きい10ポンド(4,536g)ぐらいでは」と思っていたという。しかしまさかのビッグベビーとなり「こんなに大きく生まれてくるとは予想もしなかった」と驚いている。

アナベルちゃん同様、帝王切開で誕生したアリ・ジェイムズ君は、大きく生まれたことが原因で呼吸が速く、血糖値と血小板レベルが低すぎるという問題があった。そのため生後すぐにNICU(新生児集中治療室)で治療を受けたところ、容態が改善し、誕生から1週間後の12月19日に無事退院となった。

テキサス州保健省によると、アリ君はアーリントン記念病院で生まれた新生児の中でも最も大きい赤ちゃんになるという。更に同病院で30年以上のキャリアを持つ医師でさえも、初めて見たビッグベビーだったそうだ。

あわせて読みたい

TechinsightJapanの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

国際総合ニュースアクセスランキング

国際総合ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2018年12月30日の国際総合記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

世界の経済情報、政治、外交、宗教や事件など世界中の情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。