86歳の妻、89歳夫を杖で殴り殺害 認知症が原因か(米)

米フロリダ州で高齢の妻が、同じく高齢の夫を殴打し殺害する事件が起こった。殺人罪で逮捕された妻は、時間や場所などが不明瞭で精神的に困惑した様子を見せており、認知症を患っているか否かが問われている。『NBC Southern California』『Pensacola News Journal』などが伝えた。

フロリダ州ペースに住むラモーナ・マキシン・ランド(86歳)は1月5日の朝、夫のフランシスさん(89歳)の頭部を歩行用の杖で殴り殺害した。

近隣住民の男性が、玄関先で血を流して倒れているフランシスさんのそばにラモーナが立っている姿を見て、最初はラモーナが倒れた夫を助けようとしていると勘違いした。しかしそうではないことに気付いた男性は、ラモーナに911へ緊急通報するよう促したが「電話が見つからない」という返事だった。そのため男性は一旦自宅へ戻り、携帯電話を掴んで再びフランシスさん宅へ行き、911へ通報した。男性は救急隊員が到着するまで、フランシスさんにCPR(心肺蘇生法)を試みていたようだ。

サンタローザ郡保安官事務所の捜査官が駆けつけると、室内のソファーの上と玄関ドアのそばにあったバケツの中から血の付いた杖の一部を発見。更にソファーの上には、袖部分に血が付着したガウンもあったという。ラモーナ自身の両手と両足にも血痕が付着しており、フランシスさんの頭部に数か所の痣とくぼみがあることを知った捜査官は、杖で殴打されたとみてラモーナを殺人容疑で逮捕した。

当時の記事を読む

TechinsightJapanの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

海外ニュースランキング

海外ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2019年1月10日の国際総合記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

世界の経済情報、政治、外交、宗教や事件など世界中の情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。