調理中の魚によりアレルギーショック症状を起こした11歳少年が死亡(米)

調理中の魚によりアレルギーショック症状を起こした11歳少年が死亡(米)
調理中の魚でアレルギー反応を起こした少年(画像は『NTD News 2019年1月6日付「Parents Speak out After 11-Year-Old Boy Dies From Smell of Cooking Fish」(Cameron Jean-Pierre/GoFundMe)』のスクリーンショット)
米ニューヨークのブルックリンで、調理中の魚が原因でアレルギーショック症状を起こした11歳少年が死亡した。死因については今も検死が続けられており、家族らは深い悲しみを露わにしている。『abc7NY』『The New York Times』などが伝えた。

ニュージャージー州ピスカタウェイ・タウンシップに住むキャメロン・ジーン・ピアー君(11歳)は1月1日、父方と母方の祖母に会うため父親スティーブンさんと一緒に2年前まで家族で住んでいたニューヨークのブルックリンを訪れていた。しかし、スティーブンさんの母親宅で悲劇が起こった。

キャメロン君の母ジョディー・ポッティンガーさんによると、キャメロン君はかつて幼稚園の昼食で魚のスティックフライを口にした途端嘔吐し、魚アレルギーであることが分かったという。さらにキャメロン君は喘息持ちだったことから、万が一の時に備えて常にネブライザー(噴霧器)を携帯していたようだ。

この日、キャメロン君はスティーブンさんと母方の祖母のもとを訪れた後、父方の祖母宅へと戻った。忘れ物をしたと思い父子は取りに戻ったようだ。しかし2人が既に帰ったと思っていたおばと祖母は、カリビアン料理のソルトフィッシュ(塩漬けのタラ)を調理していた。

魚のニオイを嗅いだキャメロン君は、発作を起こした。スティーブンさんは当初、息子が喘息発作でそのような状態に陥ったと思い、慌ててネブライザーをキャメロン君に与えた。ところが、いつもは発作が治まるネブライザーがこの時は効かず、キャメロン君は意識不明になった。スティーブンさんは必死でCPR(心肺蘇生法)を行い、午後7時半頃に通報を受けて駆けつけた救急隊員が「Brookdale University Hospital Medical Center(ブルックデール大学病院医療センター)」へ搬送するも、キャメロン君は帰らぬ人となってしまった。...続きを読む

あわせて読みたい

TechinsightJapanの記事をもっと見る 2019年1月11日の国際総合記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

新着トピックス

国際総合ニュースアクセスランキング

国際総合ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

海外の人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

世界の経済情報、政治、外交、宗教や事件など世界中の情報をお届け中。