健常者の恋人を持つ障害者男性 「あり得ない」「見せかけ」と言う人々へ伝えたいこと(米)<動画あり>

健常者の恋人を持つ障害者男性 「あり得ない」「見せかけ」と言う人々へ伝えたいこと(米)<動画あり>
交際して3年になるシェーンさんとハンナさん(画像は『Shane Burcaw 2018年10月29日付Instagram「What Made Me Smile This Week」』のスクリーンショット)
障害を抱える人にとって社会の厚い壁がある限り、世間の偏見や差別を乗り越えることは容易ではない。しかしアメリカに、多くの人をインスパイアし続けるひとりの男性がいる。生まれつきの重い障害を抱える彼には健常者の恋人がおり、「障害者への偏見がなくなる世界を目指して僕たちのことを伝えていきたい」と話している。『The Sun』『Mirror』などが伝えた。

ペンシルベニア州出身のシェーン・バーコウさん(26歳)は神経筋疾患の脊髄性筋萎縮症(Spinal Muscular Atrophy SMA)で生まれ、2歳の時から車椅子生活をしている。一生涯歩行不可能で普段の生活には家族のサポートが欠かせないが、持ち前のユーモアと明るさで周りに笑顔をもたらすシェーンさんは家族以外にも多くの友人に囲まれていた。

そんなシェーンさんが3年前に恋に落ちた。シェーンさんはそれまでにもドキュメンタリー番組に出演したり、ブログを始め本を出版したこともあったため、多くの人がシェーンさんにインスパイアされていた。ミネソタ州に住むハンナ・アイルワードさん(25歳)もその一人で、ハンナさんは米俳優で作家、監督兼プロデューサーのレイン・ウィルソン氏が手掛けたシェーンさんの人生についてのドキュメンタリー番組を見て、ユーモアのセンスに惹かれ、素直にシェーンさんを「素敵な人」だと思ったそうだ。

ハンナさんがシェーンさんにメールで率直な気持ちを伝えると、シェーンさんは自分の障害のことに一切触れてこなかったハンナさんのことをもっとよく知りたいと思う気持ちが湧き、連絡した。そして2人はメールやFaceTimeでやり取りするようになり、ついにハンナさんはミネソタからペンシルベニアまでシェーンさんに会いにやって来た。...続きを読む

あわせて読みたい

TechinsightJapanの記事をもっと見る 2019年1月12日の国際総合記事
「健常者の恋人を持つ障害者男性 「あり得ない」「見せかけ」と言う人々へ伝えたいこと(米)<動画あり>」の みんなの反応 1
  • 匿名さん 通報

    誹謗中傷する人がいるなんて意外だな。米国はこうした事に進んでる意識があると思っていた。障害を乗り越える心の繋がりを応援すべき。

    2
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

新着トピックス

国際総合ニュースアクセスランキング

国際総合ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

海外の人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

世界の経済情報、政治、外交、宗教や事件など世界中の情報をお届け中。