生理中は小屋に隔離 ヒンドゥー教の悪しき習慣で母子が死亡(ネパール)

生理中は小屋に隔離 ヒンドゥー教の悪しき習慣で母子が死亡(ネパール)
ネパールの片田舎の小屋で母と息子2人が死亡(画像は『Fox News 2019年1月10日付「Mother, 2 sons found dead in Nepal hut after suspected ‘menstrual exile’」(iStock)』のスクリーンショット)
その国独自の文化や慣習は尊重すべきだが、法律で犯罪と定められた以降も一部の地域で根強く残る慣習のために命を落とす人がいるとなれば別問題だろう。このほどネパールで、生理中の母親がヒンドゥー教の慣習に従って家や家族から隔離されていた小屋で2人の息子とともに死亡した。『Sky News』『BBC News』『Fox News』などで報じられた。

ネパールには「チャウパディ(Chaupadi)」と呼ばれるヒンドゥー教の古い慣習がある。

月経が毎月来る女性は、少女も同様穢れたものとみなされ、家にいると神を不快にし人や家畜、土地に不幸や災難をもたらすと信じられてきた。そのため生理中の女性たちは「不浄な存在」として牛や男性に触れることを許されず、家の中の食べ物を口にすることも禁じられた。また、家のトイレや洗い場の使用も禁止され、近くにある狭い小屋か牛小屋、時には歩いて10分~15分かかる深い森の奥の小屋に生理が終わるまで隔離された。隔離期間中の女性らは山地の厳しい寒さに耐えなければならないだけでなく、野生動物からの攻撃からも身を守らねばならない。しかも少女らは学校に行くことも許されないのだ。更に不潔な状況下で隔離されるために感染症を起こすこともあり、外部から性的暴行を受ける可能性もある。

チャウパディは2005年に同国で禁止となったが、西部地域では未だに根強くこの慣習が残っている。隔離される間、女性が小屋で暖をとろうとして煙にまかれ窒息死する事故が数件起こっていた。2017年7月には18歳の少女が隔離中に小屋で蛇に噛まれて死亡する事故もあり、同年には最高裁判所がチャウパディを法律上の犯罪行為と定め、2018年8月以降この行為を強いた者には最大3か月の懲役、もしくは3,000ネパール・ルピー(約2,900円)の罰金が科せられることが決められた。...続きを読む

あわせて読みたい

TechinsightJapanの記事をもっと見る 2019年1月14日の国際総合記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

新着トピックス

国際総合ニュースアクセスランキング

国際総合ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

海外の人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

世界の経済情報、政治、外交、宗教や事件など世界中の情報をお届け中。