薬物欲しさに13年間も娘を売り続けた母親(米)

薬物欲しさに13年間も娘を売り続けた母親(米)
ドラッグディーラーらに娘を差し出していた母親(画像は『WCTV 2019年1月11日付「Tallahassee woman found guilty in child sex trafficking case」』のスクリーンショット)
我が子を平気で他人に売る親のニュースが報じられるたび、胸を痛める人も多いだろう。このほど米フロリダ州で、金や薬欲しさに娘を売り続けて逮捕された母親の裁判が行われ、事件の全容が明らかになった。『WCTV』『Tallahassee Democrat』などが伝えている。

フロリダ州タラハシーで現在18歳になる娘(名は非公表)を13年にわたり売り続けていた母親セレステ・チェインバース(37歳)の残虐な行為が1月10日、タラハシーの裁判所で明らかになった。

セレステは2003年~2016年の13年間、未成年だった幼い娘をドラッグディーラーら複数の男に渡して性的暴行を受けさせていた。一時は3人の男を相手に小屋で性的虐待を受けさせていたこともあったという。全ては金を借りたお返し、もしくは薬物を入手するためで、セレステは娘を洗脳し意図的に心身ともに傷害を与え、娘には「誰にも言うんじゃないよ」と固く口留めしていた。そのため過去に児童福祉局のスタッフが少女へ質問した際にも、もし言えば母親からどんな目に遭わされるかわからないという恐怖心から少女は虐待の事実を認めようとはしなかった。

セレステの娘への虐待は2017年6月の逮捕時、つまり少女が15歳になるまで続いていた。セレステは同州ガズデン郡でも、当時夫だったケビン・ワイアットと共謀して娘を虐待していたことが明らかになった。ケビンは2018年に、この少女の人身売買に関わった児童虐待の罪で逮捕されており、セレステも同郡で児童暴行の罪で有罪判決を受けた。...続きを読む

あわせて読みたい

TechinsightJapanの記事をもっと見る 2019年1月14日の国際総合記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

新着トピックス

国際総合ニュースアクセスランキング

国際総合ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

海外の人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

世界の経済情報、政治、外交、宗教や事件など世界中の情報をお届け中。