入居者に暴力を振るう介護職員の姿を家族の隠しカメラが捉える(英)

入居者に暴力を振るう介護職員の姿を家族の隠しカメラが捉える(英)
病を抱える入居者に暴力を振るっていた介護職員の女(画像は『Metro 2019年1月13日付「Carer caught punching man with Alzheimer’s after family set up hidden camera」(Picture: SWNS)』のスクリーンショット)
施設の入居患者を日々懸命に介護するスタッフも存在するが、抵抗できない弱い立場の入居者を虐待する職員も後を絶たない。このほど英カンブリア州の介護施設で、アルツハイマー病を抱える入居者に暴力を振るっていた女職員に有罪判決が下された。『Metro』『The Sun』などが伝えている。

カンブリア州カーライルにある介護施設「Lanercost House(レイナーコスト・ハウス)」に夫ロイストン・アボットさん(62歳)を預けていた妻ヘレンさんは、娘とともにロイストンさんを訪問した時、異変を感じた。

50歳頃にアルツハイマー病と診断されたロイストンさんは、施設を訪問した妻と娘を泣いて迎えた。そのような夫の姿を初めて見て危険信号を察知したヘレンさんは、夫の入居部屋に隠しカメラを設置。すると驚くべき光景が映し出された。

施設の介護職員であるディミトリカ・ヨノヴァ(54歳)が、ロイストンさんを素手で殴っていたのである。抵抗できないロイストンさんは、ディミトリカの行為にただ呻き声をあげるしかないようだった。この虐待行為を訴えたヘレンさん一家によりディミトリカは逮捕。後日、カーライル治安裁判所でヘレンさんはこのように心情を語った。

「(映像で)目にした光景が信じられませんでした。夫は殴られて、明らかに苦しんで呻いていました。ヨノヴァが夫にした行為に正当性は全くありません。もし自分の大切な人が同じ状況下に置かれたらどのように思うでしょうか。夫を含む他の入居者らへのヨノヴァの虐待行為を全て知ることは不可能でしょう。ですが、私たちはヨノヴァに激しい怒りを感じており、この先ヨノヴァがか弱い人々を介護する職に就くこと、介護施設で働くことを生涯禁じられることを望んでいます。他の入居者を傷つけないためにも、ヨノヴァが信頼される立場になることを許すべきではありません。」

あわせて読みたい

TechinsightJapanの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

国際総合ニュースアクセスランキング

国際総合ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2019年1月15日の国際総合記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

世界の経済情報、政治、外交、宗教や事件など世界中の情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。