7.7kgの腫瘍を抱えた3歳児を放置し死なせた両親、過失致死罪で逮捕(米)

米オクラホマ州で、体内に腫瘍を抱えた3歳女児が両親に医療ケアを与えられず放置され死亡するという悲しい事件が起こった。『wfla.com』や『The Sun』などが伝えている。

オクラホマ州のコマンチ郡保安官事務所は1月3日、同郡ロートンにあるロートンカ湖近くのキャンピングカーから通報を受けた。保安官が駆けつけると、キャンピングカーにいたヘンリー・クラレンス・リリーIII(49歳)とボニー・ベス・ミルズ・リリー(42歳)から、3歳になる女児が呼吸はしているが意識不明であることを伝えられた。

女児は地元の病院へ搬送されたが死亡。診察した医師は、女児の体内に7.7kgもの腫瘍があるのを発見した。同郡保安官によると、女児が両親といたキャンピングカーには他にも6人の子供がいたという。

1月10日、コマンチ郡地方裁判所にてヘンリーとボニーは医療ケアを怠ったがために女児を死に至らしめたとして第一級過失致死罪で起訴された。2人には各6万ドル(約650万円)の保釈金が設定されていたが既に両者は支払ったようだ。GPSモニターの装着が義務付けられた2人は、次回2月28日に裁判所への出廷が命じられており、今後2人に有罪判決が下れば最大4年の懲役刑が科せられる可能性があるとされている。なお女児の腫瘍に関して、体内のどの場所にあったかなどの詳細は、現時点では明かされていない。

このニュースを知った人からは「アメリカは医療費が高いから放置していたのかも」「それだけの腫瘍って相当痛かったんじゃないかな」「かわいそう過ぎる」「母親、なぜマグショットで笑える!?」「保釈金を支払う余裕があるというのが不思議なんだけど」「最大で4年の懲役というのは短すぎる」といった声があがっている。

画像は『wfla.com 2019年1月12日付「Parents charged after 3-year-old girl dies with 17-pound cancerous tumor」(Comanche County Sheriff’s Office)』のスクリーンショット
(TechinsightJapan編集部 エリス鈴子)

当時の記事を読む

TechinsightJapanの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

海外ニュースランキング

海外ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2019年1月15日の国際総合記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

世界の経済情報、政治、外交、宗教や事件など世界中の情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。