三谷幸喜(作・演出)×荻野清子(音楽)がタッグを組んだオリジナルミュージカル『日本の歴史』は、2018年12月4日~28日に行われた東京公演に続き2019年1月6日から大阪公演がスタート。そして1月13日に梅田芸術劇場シアター・ドラマシティで大千秋楽を迎えた。


秋元才加がインスタグラムで集合写真を投稿、「無事大千穐楽迎える事が出来ました」と公演を振り返っている。

『日本の歴史』公式サイトで「最強の7人」と謳うキャスト陣は中井貴一香取慎吾川平慈英新納慎也、シルビア・グラブ、秋元才加、宮澤エマだ。

その7人を中心に音楽を担当した荻野清子(ピアノ)、阿部寛(ギター)、古本大志(チューバ・ベース)、萱谷一(ドラム・パーカッション)そして作・演出の三谷幸喜が並ぶ壮観な図である。

秋元才加は東京・大阪の日々を通じて「本当にやり甲斐のある、プロフェッショナルな方々に囲まれての公演」と改めて実感しており、「身体は疲れても終演後はなんだか気力が漲っていました」という。

また、秋元が「観に来て下さるお客様の笑顔や笑い声に、毎日勇気や元気を戴いていました」「支えてくれたファンの皆様も本当にありがとうございました」と感謝すれば、香取慎吾もインスタグラムで「チケット取れなかった方の事を心に思い千秋楽無事終了! 東京も大阪も観にきてくださった皆さん.ありがとうございました!」と投稿している。

劇場に足を運んでくれた観客はもちろんながら、チケットが取れなかったり諸事情で観ることが出来ずに心で応援してくれたファンを忘れない姿勢は同じなのだろう。


画像は『秋元才加 2019年1月13日付Instagram「無事大千穐楽迎える事が出来ました。」』『香取慎吾 2019年1月13日付Instagram「#日本の歴史 #千秋楽!」』のスクリーンショット
(TechinsightJapan編集部 真紀和泉