カリフォルニア大学が中国渡航の注意勧告を配信 中国ネチズン物議を醸す

今月3日にアメリカ国務省が国民に向けて中国渡航に関する注意喚起を出したばかりだが、このほどカリフォルニア大学でも学生や教職員に向けて注意喚起のメールを配信していることが分かった。『South China Morning Post』『CNN』などが伝えている。

今月7日、米カリフォルニア大学から学生らに中国への渡航に関する注意喚起のメールが配信された。これは昨今、米国人が中国を出国する際に出国禁止措置がとられていることを重く見ての対応とみられる。

そこには「如何なる物にもサインはしてはならない」「強制されない限りパスポートを手放さない」など7項目が書かれていたが、特にメディアの注目を集めたのが5番目の項目で、SNSの使用に関する内容が次のように記されていた。

「5、中国国内ではWhatsAppやWeChatなどのメッセンジャーアプリの使用は合法だが、最近、ロシア国内で米国人がスパイ容疑で逮捕、訴追された件はWhatsAppでのやり取りが引用されたことによるものだ。」

「我々は中国も同様の手段で欧米人旅行者に対して罰金や出国を禁ずる可能性があることを懸念せねばならない。中国渡航時にはこれらのメッセンジャーアプリを使用しないことを推奨する。」

これ以外にも「中国の政治に関する否定的な発言を控え、許可なしに政府施設の写真を撮ることをしない」などといった記載があった。同大学デービス校のスポークスマンであるメリッサ・ルッツ・ブルーイン氏(Melissa Lutz Blouin)によると、「我々教職員や学生が旅行する場所に関する米公式サイトの渡航情報や健康勧告などのリンクは、常に投稿するようになっている」とのことだ。
編集部おすすめ

当時の記事を読む

TechinsightJapanの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

ピックアップ

もっと読む

国際総合ニュースランキング

国際総合ランキングをもっと見る
お買いものリンク