昨年11月に49歳の誕生日を迎えたマシュー・マコノヒー。ハリウッドのトップ俳優だけに、毎年誕生日会には豪華なゲストが出席していることだろう。
このほどマシューが、かつてアン・ハサウェイを誕生日会に招待したところ当日にアンが姿を現さなかったことを語った。

映画『インターステラー』(2014年)で共演したマシュー・マコノヒーとアン・ハサウェイは新作『セレニティー: 平穏の海』(2019年1月25日全米公開)で再び共演した。マシューは現地時間21日放送のトーク番組『エレンの部屋』に出演し、アンを誕生日パーティーに招待したが、現れたのは次の日だったというエピソードをこう明かした。

「僕の誕生日は11月4日だからその夜、パーティーをしたんだ。」

「ハサウェイは来なかったんだ。次の日に起きて、午後5時まで僕はローブを着ていた。すると前日のパーティーの始まった時間にドアベルが鳴ったんだ。
バルーンがあって、『ハッピー・バースデー!』ってね。アンと(夫)アダムだったよ。彼らはワインボトルとバルーンとプレゼントを持っていたんだ。僕は『素晴らしい。さぁ、入って!』って感じだったよ。」

どうやらアン・ハサウェイと夫のアダムはマシュー・マコノヒーの誕生日を一日勘違いしていたようだ。

「彼らは中に入って、僕たちはワインを開けてみんなに注いで、『君は僕の誕生日が昨日って知らなかったんだね』って伝えたけど。
でも結局、午前2時までパーティーしたよ。誕生日は2日間必要さ。」

そのように笑いながら語ったマシュー。日にちを間違えていたアンと夫アダム・シュルマンに対して怒ることなく、温かくそして楽しい時間を過ごしたようだ。

一方のアン・ハサウェイも、2014年にマシュー・マコノヒーのサプライズパーティーの日にちを間違えたことを明かしたことがある。アンは「ドアを叩くと、マシューが笑顔で迎えてくれたわ。私が『サプライズ!』って伝えたら、彼は『どうぞ中へ』って。
それでマシューは振り向いて『パーティーは昨晩だったよ』って言ったの」と話しており、それこそが今回マシューが明かした一日遅れのバースディパーティーのことだろう。

これまでに演じたいくつかの役柄同様、少しおっちょこちょいなところがアン・ハサウェイにはあるようだ。「パーティーは昨晩だった」と知った時のアンの気恥ずかしさは想像に難くないが、そのおかげでマシューは2日間も誕生日を祝うことができたのだ。

とかく競争の激しいハリウッドというショービジネス界において、このようにクスリと笑えて心温まるエピソードを語ることができるのは、アン・ハサウェイとマシュー・マコノヒーの友情の証であろう。
(TechinsightJapan編集部 朝倉リリー)