「子供には予防接種を受けさせない、オムツも使用しない」 母親の発言が物議醸す(豪)

「子供には予防接種を受けさせない、オムツも使用しない」 母親の発言が物議醸す(豪)
豪ラグビー選手と妻の子育て法がネット上で物議を醸す(画像は『S H A N E L L E 2018年12月31日付Instagram「2 0 1 9」のスクリーンショット)
親によって子育ての信念は異なるだろうが、このほどオーストラリアに住むある夫婦が「我が子には予防接種を受けさせたくない」「生まれてくる第2子にはオムツも使用させない」と発言し、ネット上で物議を醸している。『Mirror』『Metro』などが伝えた。

ラグビー選手ブライス・カートライトさん(24歳)と妻シャネルさん(20歳)には、1歳1か月の息子コア君がいる。現在、第2子を妊娠しているシャネルさんは、39週目の時にソーシャルメディアで独特の子育て法を述べ、賛否両論を呼んでいる。

シャネルさんとブライスさんは子供の頃に予防接種を経験しているが、我が子には予防接種を受けさせたくないと発言している。シャネルさんによると「いろいろリサーチした結果」とのことだ。

「私と夫が予防接種を受けたのはずいぶん昔のことですが、それが原因でアレルギーと自己免疫疾患に罹患したんです。今はゆっくりと治しているところですが、そういう理由もあって我が子には予防接種を受けさせたくないのです。夫にこのことを伝えた時、彼は当初『子供に予防接種を受けさせないなんて』と怒りました。でも、私が勧めたスザンヌ・ハンフリーズ医師の本を読んで、夫も考えが変わったようです。」

オーストラリアでは、ニューサウスウェールズ州、ビクトリア州、クイーンズランド州が昨年1月から、西オーストラリア州では今年1月から、予防接種を受けていない子供たちを学校側は受け入れないという法律「no jab, no play」が実施されている。これらの州ではプレスクール入学の段階で、予防接種を受けてない子供たちは入学を許可されないことになるが、「息子が学校に入学できないのであれば、ホームスクーリングをすればいいだけ」とシャネルさんは言う。

あわせて読みたい

TechinsightJapanの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

国際総合ニュースアクセスランキング

国際総合ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2019年2月18日の国際総合記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

世界の経済情報、政治、外交、宗教や事件など世界中の情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。