中居正広、クライミング・ホッケー・近代五種などマイナー競技の実態に仰天「このスポーツは誰が決めたの?」

中居正広、クライミング・ホッケー・近代五種などマイナー競技の実態に仰天「このスポーツは誰が決めたの?」
湯田葉月、繁原ひなの、小野真由美、黒瀬成美(画像は『中居正広のスポーツ!号外スクープ狙います! 2019年2月25日付Twitter「8時30分から放送!あまり知られていないけど今後大注目のスポーツの秘密に迫ります!」』のスクリーンショット)
テレビ朝日中居正広のスポーツ!号外スクープ狙います!』が、2月25日の放送で「2020年注目スポーツの1年間の出費ランキング」をテーマに取り上げた。野球やサッカーなどの人気競技に比べてまだ世間にはあまり知られていないが、2020年に向けて注目されるマイナースポーツから「美男美女アスリート大集合」という企画だ。

スポーツクライミング、ホッケー、近代五種、馬場馬術、サーフィン競技からそれぞれのアスリートが年間に出費する金額をランキングするなか、次々と意外な実態が分かりメインMCの中居正広も驚きを隠せない。

スポーツクライミングの尾川とも子は、日本クライミング界のパイオニアで日本人女性初のプロクライマーとして知られる。クライミング競技も今では認知度が上がったが、彼女が始めた頃はとにかく経費を抑えるのに苦労したようだ。

ワールドカップでヨーロッパに遠征した時は、現地調達した「3000円のテント」で半年間野宿しながら参加したという。それを聞いて共演者が驚くなか、ザキヤマ(山崎弘也)などは「半年ですか!? それってもう、それってもう…」と言葉が続かず困っていた。

尾川とも子によるとクライミングは「ちょっとひっかかるところに指をかけて登る」ので、「なんなら、今の現役の男性選手は小指一本で懸垂できる」と明かしてザキヤマを「小指ってそんなに鍛えられるの?」とさらに驚かせる。そんな彼女はいつも指を使って登るので第2関節が曲がってしまい、拝むように手を合わせても指がまっすぐに伸びない。その状態では拍手ができないので、音が出るように横にずらして手の平だけで叩くという。尾川がそうやって拍手して見せる姿を中居は「言葉は悪いけど、もうゴリラだよね」とたとえるので彼女も笑っていた。

ホッケーからは、昨年のアジア大会で初優勝して2020東京五輪でもメダルが期待される「女子ホッケー日本代表・さくらジャパン」の小野真由美と湯田葉月が出演した。

カーボン製のスティックと硬質プラスチック製のボールを使ってゴールを狙う競技だが、中居はボールを持って「重っ!」「硬っ!」「何これ?」と目を丸くした。ボールの重さは「約160g」で野球の硬球とほぼ同じである。

番組スタッフがステンレス板にボールを投げつけたところベコッと凹む破壊力で、しかもシュートの速さは「150km/h」くらいなのに、キーパー以外の選手は歯を守るためのマウスピースとサッカーのようなシンガード(すねあて)だけで臨むという。それには周囲も「えー!」「いやいやいや! ヘルメットしたほうがいいよ!」と心配するが、彼女たちが反則によるペナルティーコーナーについて「ボールを受けるしかない局面があるので、その時はガードをつけます」と話すと、ザキヤマと中居は「そんな悲しい場面があるの?」「絶望だよね」と表情を曇らせる。

あまりに痛くて危なそうなので中居が「面白いですか?」と確認すると、選手も苦笑していた。ただ出費の内訳で日焼け止め、化粧水、鍼治療、サプリメントなどの「お肌ケア」にかなり使っており、「女子力は高い」という言葉にホッとする。

中居正広が「これは出費の金額とかじゃないな…このスポーツは誰が決めたのこれ?」とまで驚いたのは近代五種である。黒須成美と繁原ひなのが競技について説明したところ、劇団ひとりは「なんだこのスポーツ?」と思わず口走ったほどだ。

近代五種のオリンピックルールは「フェンシング:1分間の一本勝負を選手総当たりで35試合」~「水泳:200m自由形でタイムを競う」~「馬術:馬を操り制限時間内に障害物を超える競技だが、馬は当日に抽選で決まるので乗りこなすのが大変」~「レーザーラン:レーザー射撃で10m先の的に5回命中させたあとに800mランニング、息を弾ませながら再び射撃、その工程を4回繰り返す」

その五種目すべてを1日で行う競技で、過酷さゆえか日本の競技人口は42人しかいない。さらに黒須成美は「練習がハード過ぎて疲労骨折を15回以上」と明かしており、それにはホッケーの小野でさえ引いていたようだ。

また、昨年ユースオリンピックに出場した17歳の現役女子高生・繁原ひなのは、銭湯に行って裸になるとよく「なんかスポーツやってるの?」と聞かれるが、「近代五種」と答えて「なにそれ?」と言われるので「五種目すべて説明するのが面倒くさい」と悩みを明かした。ちなみに近代五種については日清食品が『【キングオブマイナースポーツ】近代五種応援サイト』を立ち上げ、ゴスペラーズによるプロモーションビデオまで作っている。

番組では他にもサーフィンの五十カノアが、波が無い日は競技が中止になり波が来るまで2週間待つこともあると話し「東京五輪では波が来るように祈ってください」と呼びかけた。

馬場馬術の林伸伍は馬の歩き方が大切なので、他の動物の歩き方が気になってしまうため動物園には行かないという。普段でも犬が雑な歩き方をしていると気になるそうだ。

「2020年東京オリンピック」の開催までおよそ1年半となるなか、こうしたマイナースポーツの面白さを伝えるうえで、今回の『中居正広のスポーツ!号外スクープ狙います!』は実にタイムリーな内容だった。




画像は『中居正広のスポーツ!号外スクープ狙います! 2019年2月25日付Twitter「8時30分から放送!あまり知られていないけど今後大注目のスポーツの秘密に迫ります!」』のスクリーンショット
(TechinsightJapan編集部 真紀和泉)

あわせて読みたい

気になるキーワード

  1. 中居正広 SMAP
  2. 中居正広 バラエティ番組
  3. 中居正広 ラジオ
TechinsightJapanの記事をもっと見る 2019年2月26日の芸能総合記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

「中居正広 + SMAP」のおすすめ記事

「中居正広 + SMAP」のおすすめ記事をもっと見る

「中居正広 + バラエティ番組」のおすすめ記事

「中居正広 + バラエティ番組」のおすすめ記事をもっと見る

次に読みたい関連記事「山下智久」のニュース

次に読みたい関連記事「山下智久」のニュースをもっと見る

新着トピックス

芸能総合ニュースアクセスランキング

芸能総合ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

芸能の人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

話題の芸能人のゴシップや噂など最新芸能ゴシップをお届けします。俳優やタレントやアイドルグループなどの情報も充実。