森で迷った8歳と5歳の姉妹、44時間後の救出までサバイバルスキルで凌ぐ(米)

うっそうとした森の中で迷うと、大人でも相当の恐怖を感じるに違いない。このほど米カリフォルニア州に住む8歳と5歳の姉妹が森の中に迷い込み、44時間後に救出された。少女2人には怪我もなく、救助隊らは「奇跡」と喜びを露わにしている。『Inside Edition』『AP News』『Mirror』などが伝えた。

カリフォルニア州サクラメントから北西に320kmほどの場所に位置するベンボウに住むレイア・カリーソちゃん(8歳)と妹のキャロラインちゃん(5歳)は3月1日の午後2時半頃、母親に散歩に行ってもいいかと尋ねた。しかし母親が許可しなかったため、2人は勝手に自宅を抜け出しその後行方がわからなくなってしまった。

午後6時頃に通報を受けた警察は、地元消防署員らとともに捜索を開始。翌2日には沿岸警備隊や陸軍州兵らに加えて、ヘリコプターや警察犬も導入し、大掛かりな捜索が行われた。そして行方不明となった44時間後の3日午前10時半頃、レイアちゃんとキャロラインちゃんは地元ボランティア消防署から救助に駆けつけた消防署長により、自宅から2.3kmほど離れた森の中で発見された。

2人は幼いながらも、地元ユースクラブで学んだサバイバルスキルを活かして森の中で耐え忍んでいたようだ。ハンボルト郡保安官事務所のウィリアム・ホンサル保安官は、「起伏の激しい、うっそうとした森の中で子供2人が44時間も生存できたことはまさに奇跡といえるでしょう」と2人の無事を喜んだ。

当時の記事を読む

TechinsightJapanの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

海外ニュースランキング

海外ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2019年3月5日の国際総合記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

世界の経済情報、政治、外交、宗教や事件など世界中の情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。