モーニング娘。’19が昭和のアイドル・山本リンダとコラボ 「こんなに心を引っ張られたのは初めて」

モーニング娘。’19が昭和のアイドル・山本リンダとコラボ 「こんなに心を引っ張られたのは初めて」
山本リンダとモーニング娘。’19(画像は『モーニング娘。’19 12期 2019年3月5日付オフィシャルブログ「『うたコン「昭和VS.平成~春の名曲歌合戦~」♪』牧野真莉愛」』のスクリーンショット)
モーニング娘。’19が3月5日放送のNHK総合『うたコン』に生出演した。今回のテーマ「昭和VS.平成~春の名曲歌合戦~」により、バブル崩壊後の日本を元気づけた平成のヒット曲『LOVEマシーン』(1999年)をパフォーマンスすると、さらに昭和のアイドル・山本リンダのバックダンサーで登場した。

山本リンダは15歳の高校生だった1966年(昭和41年)にデビュー曲『こまっちゃうナ』が大ヒットして国民的アイドルとなる。今回の『うたコン』では、ヒットが続かず低迷していた時に路線を一新したことで知られる代表曲『どうにもとまらない』(1972年)を披露しており、そのバックダンサーをモーニング娘。’19が務めた。

メンバーがブログでそのステージを振り返るなか、牧野真莉愛(18)は「山本リンダさんめちゃめちゃきれい すっごくきれい リハーサルから楽しかったです」「本番前、山本リンダさんと一緒に『がんばっていきまっしょい』をしていただきました」「『どうにもとまらない』の曲のお話をしてくださったんです。山本リンダさんのお話を聞くことができて、とっても感激」と興奮冷めやらぬ様子である。

野球が大好きな牧野は、子どもの頃に「ねらいうちー」と歌っていたら母親が「ゲーリーだよ」と当時の中日ドラゴンズにいたゲーリー・レーシッチ選手の応援歌の原曲だと教えてくれ、さらに祖母が「山本リンダさんの狙いうちだよ」と教えてくれたそうだ。そんな思い出のある山本リンダと共演できたのだからハイテンションになるのも無理はない。

あわせて読みたい

TechinsightJapanの記事をもっと見る 2019年3月6日の芸能総合記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

新着トピックス

芸能総合ニュースアクセスランキング

芸能総合ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

芸能の人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

話題の芸能人のゴシップや噂など最新芸能ゴシップをお届けします。俳優やタレントやアイドルグループなどの情報も充実。