『カメラを止めるな!』地上波登場で新説 「カメ止めは汚いアクタージュ」飛び交う

女優の春名風花も「『アクタージュのデスアイランド編はきれいなカメ止め』『カメ止めは汚いアクタージュ』ってツイートをちらほら見かけて笑ってる」と反応していた。

『アクタージュ act-age』は役者志望の主人公・夜凪景(よなぎ けい)が映画監督・黒山墨字(くろやま すみじ)率いる「スタジオ大黒天」に所属して女優として成長する姿を描いたものだ。そのなかで映画『デスアイランド』を巡る展開が「デスアイランド編」である。
次に読みたい関連記事「吉本実憂」のニュース


『アクタージュ』ファンからは「ヒロインがゲロ吐いたり役にハマりすぎておかしくなったりするし監督がだいたい監督だからアクタージュはきれいなカメ止めだと思う」、「カメ止めすきな人はぜひアクタージュ読みましょうね。 ヒロインがカメラから隠れてゲロ吐く漫画だよ。ゾンビじゃなくてお侍が蹴り飛ばされるよ…」などのツイートがあり、強烈なキャラクターがリンクするようだ。

「カメ止めは汚いアクタージュ」という新説はともかく、「カメ止めを見ると『これだからモノづくりは止められない!』って思ってやる気が出る!」という声もあるように“クリエイター”目線で見れば、エンディングに向かうほど映画作りの「あるある」を通して苦労や深みを感じることができるのだろう。

映画公開時から「何度も観た」というリピーターが多いのも『カメ止め』の特徴だが、視点を変えることでいろいろな見どころがあるようだ。一応「ゾンビ映画」なので夏に地上波再登場するかもしれず、その時には『アクタージュ』を読んでおくとより楽しめるかもしれない。

画像は『上田慎一郎2019年3月8日付Twitter「どんぐりさん、金ロー1日プロデューサーもお疲れさまー!!」』のスクリーンショット
(TechinsightJapan編集部真紀和泉
秋山ゆずきのプロフィールを見る
TechinsightJapanの記事をもっと見る 2019年3月9日の芸能総合記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

次に読みたい関連記事「ジミー・キンメル」のニュース

次に読みたい関連記事「ジミー・キンメル」のニュースをもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

芸能総合ニュースアクセスランキング

芸能総合ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

話題の芸能人のゴシップや噂など最新芸能ゴシップをお届けします。俳優やタレントやアイドルグループなどの情報も充実。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。