渡辺直美“NYのリアルな生活”明かす 「ステキな写真とか期待してた方ごめんなさい」

渡辺直美“NYのリアルな生活”明かす 「ステキな写真とか期待してた方ごめんなさい」
NYソーホーで下見する渡辺直美(画像は『渡辺直美 2019年2月19日付Instagram「NYに来ております。」』のスクリーンショット)
渡辺直美が4月7日にインスタで「本格的にこの4月からNY生活がスタートしましたー!」と公表して1週間が過ぎ、15日にはNYで暮らす家について2階の足音がうるさいことをボヤいた。するとそこから「NY生活のステキな写真とか期待してた方ごめんなさい。これが、リアルな生活なのだよ」というプライベートが垣間見えてくる。

上階に住む家族の子どもたちが元気過ぎて、朝から夜まで足音がドタバタ響き「耳元で歩いてるのかな?ってくらい爆音」みたいだという。

困った渡辺直美は不動産屋に「天井が薄いのか、まじ音がヤバイのよー」と相談したところ、「どこまで爆音か分からないから、検証動画を撮ろう」ということになった。

そこで彼女は朝起きて「ドタバタ」足音がするので「爆音」を携帯動画に撮りながら二度寝した。ところが再び起きて動画を確認してみると「自分のいびきの爆音しか録れてなかった」のである。

「40分間のいびき動画 足音消し去るくらいw 私が1番うるさかった」という見事なオチに、フォロワーも「吹いた 笑」、「足音いっこも聞こえへん」、「ヤベエ 大爆笑 笑 なおみパイセンさすがです」と大ウケだった。

渡辺直美は、昨年末に3年間アメリカで仕事できるアーティストビザを取得しており、今年は日本とニューヨークを行き来しながら仕事する予定だ。そのため日本のレギュラー番組も減らして「この自分の道が、いい未来か悪い未来か分からないから、この2019年の1年間で、ちょっと見てきます! w悪かったら即帰るわw」と意気込む。

思えば2013年10月に放送された『世界行ってみたらホントはこんなトコだった!?』でNYロケを行い、クラブのショーで“ビヨンセ”のパフォーマンスを披露するとスタンディングオベーションが起きた。

その体験は彼女にとって大きな転機となったのかもしれない。翌年には5月中旬からアメリカに短期留学してNYで英会話やダンスを学び、2016年10月2日には『Naomi Watanabe WORLD TOUR』NY公演を実現する。

このたび、NYで本格的なエンターテイナーを目指すにあたり「ダサいこと言っていい? www “生き様が、芸人”でありたい」と決意を示したが、2階の「爆音」を自分のいびきで笑いに変えるほどのパワーがあればその夢も叶えられそうだ。



画像は『渡辺直美 2019年2月19日付Instagram「NYに来ております。」』のスクリーンショット
(TechinsightJapan編集部 真紀和泉)

あわせて読みたい

気になるキーワード

  1. 渡辺直美 Instagram
  2. 渡辺直美 ぐるぐるナインティナイン
  3. 渡辺直美 ニューヨーク
TechinsightJapanの記事をもっと見る 2019年4月17日の芸能総合記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

「渡辺直美 + ニューヨーク」のおすすめ記事

「渡辺直美 + ニューヨーク」のおすすめ記事をもっと見る

「渡辺直美 + Instagram」のおすすめ記事

「渡辺直美 + Instagram」のおすすめ記事をもっと見る

次に読みたい関連記事「ブルゾンちえみ」のニュース

次に読みたい関連記事「ブルゾンちえみ」のニュースをもっと見る

新着トピックス

芸能総合ニュースアクセスランキング

芸能総合ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

芸能の人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

話題の芸能人のゴシップや噂など最新芸能ゴシップをお届けします。俳優やタレントやアイドルグループなどの情報も充実。