「人生をもっと楽しんで!」がんで亡くなった35歳女性、死亡広告遺す(カナダ)

「人生をもっと楽しんで!」がんで亡くなった35歳女性、死亡広告遺す(カナダ)
35歳でこの世を去った女性、死亡広告に最後のメッセージ(画像は『Today 2019年4月18日付「‘Live a little’: Woman, 35, who died of cancer offers advice in viral obituary」(Courtesy Julie Carrigan)』のスクリーンショット)
       
「小さなことにこだわらないで。人生をもっと楽しんで!」35歳の若さで亡くなったカナダ人女性のメッセージがSNSで拡散している。女性は2017年にがんで余命2年と宣告されたが、治癒の望みが薄い治療を避け、自分がやりたいことを次々と叶えた後に息を引き取った。『Today』『Fox News』などが伝えている。

「1984年1月23日~2019年4月5日。35年の人生って、決して長いとは言えないかもしれないけど、本当に最高だったわ!」

これは今月5日にがんで亡くなったベイリー・ジーン・マチソンさんの死亡広告の一部である。死亡広告とは故人の訃報を広く知らせるもので通常は告別式の予定などが記されているが、ベイリーさんは亡くなる前に自分でメッセージを綴り、愛する人々に温かいメッセージを遺していた。その一言一言は家族や友達だけでなく、多くの人の心を揺さぶり拡散している。

カナダのノバスコシア州ハリファクスに住んでいたベイリーさんは、常にアクティブで健康には人一倍自信があったが、2016年秋に胃の痛みが続いたため病院を訪ねた。当時医師には「ただの筋肉痛か背中を痛めただけ。それほど心配することでもない」と言われたが、後になってこれが誤診だったことに気付く。ベイリーさんは2017年1月、左腹のしこりに気付き病院を再訪、「平滑筋肉腫」という非常に稀ながんと診断された。

すぐに放射線療法が始まったが、がんが小さくなることはなく、ベイリーさんは余命2年と宣告された。医師には化学療法を勧められたが、ベイリーさんが選んだのは「残された人生を悔いなく生きる」というものだった。ベイリーさんはアメリカ、イギリス、アイルランド、ノルウェー、クロアチア、モンテネグロ、セントルシア、メキシコ、フランス、モロッコ、ギリシャ、ポルトガル、スペインと13か国を旅し、大好きなバンドであるコールドプレイのコンサートにも2回足を運んだそうだ。それから2年後、ベイリーさんは安らかに息を引き取った。
TechinsightJapanの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

海外ニュース

海外ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2019年4月22日の国際総合記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

世界の経済情報、政治、外交、宗教や事件など世界中の情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。