ウィリアム王子夫妻だけじゃなかった! エリザベス女王もヘンリー王子夫妻の新居を訪問済み

ウィリアム王子夫妻だけじゃなかった! エリザベス女王もヘンリー王子夫妻の新居を訪問済み
すでに孫夫婦の新居を訪れていたエリザベス女王(画像は『The Duke and Duchess of Sussex 2019年4月21日付Instagram「Happy Birthday Your Majesty, Ma’am, Granny.」』のスクリーンショット)
先月ロンドンのケンジントン宮殿からウィンザーのフロッグモア・コテージへと引越したヘンリー王子とメーガン妃のもとを、第1子の誕生を前にすでにエリザベス女王が訪れていたことがわかった。『ABC News』などが伝えている。

ケンジントン宮殿にて2寝室という手狭なスペースに暮らしていたヘンリー王子とメーガン妃が、ウィンザーのフロッグモア・コテージへと引越したのは先月上旬のことだった。当初は「ウィリアム王子夫妻との確執も引越し理由の1つでは?」と報じられたが、4月下旬にウィリアム王子とキャサリン妃がそろって新居を訪問したことが伝えられていた。

そんななか現地時間4月30日には、米『ABC News』が「エリザベス女王もすでにヘンリー王子とメーガン妃の新居を訪問済みである」と報じている。同メディアによれば、女王がフロッグモア・コテージを訪ねたのは先月のイースターの週末だったという。この週末はイースターサンデー礼拝に出席するため、エリザベス女王はウィンザー城内の聖ジョージ・チャペルを訪れていた。

ウィリアム王子とキャサリン妃がフロッグモア・コテージに立ち寄ったのも同じ週末で、出産予定が間近に迫りイースターサンデー礼拝に出席できなかったメーガン妃の様子を気遣う訪問だったと伝えられていたが、どうやらヘンリー王子とメーガン妃はエリザベス女王、ウィリアム王子夫妻と立て続けに新居で親族をもてなしたようだ。

ちなみに夫妻が引越したフロッグモア・コテージはエリザベス女王から贈られたもので、元々はウィンザーの王室スタッフのアパートとして使われていた建物だ。

あわせて読みたい

TechinsightJapanの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

次に読みたい関連記事「キャサリン妃」のニュース

次に読みたい関連記事「キャサリン妃」のニュースをもっと見る

次に読みたい関連記事「ジョージ王子」のニュース

次に読みたい関連記事「ジョージ王子」のニュースをもっと見る

国際総合ニュースアクセスランキング

国際総合ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2019年5月1日の国際総合記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

世界の経済情報、政治、外交、宗教や事件など世界中の情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。