『ボーイズ’ン・ザ・フッド』『ワイルド・スピードX2』のジョン・シングルトン監督が51歳の若さで死去 ジャネット・ジャクソンらセレブが多数追悼メッセージ

『ボーイズ’ン・ザ・フッド』『ワイルド・スピードX2』のジョン・シングルトン監督が51歳の若さで死去 ジャネット・ジャクソンらセレブが多数追悼メッセージ
ジョン・シングルトン監督の死を多くのセレブ達が悼む
『ボーイズ’ン・ザ・フッド』や『ワイルド・スピードX2』などを手がけたジョン・シングルトン監督が、現地時間4月29日に51歳の若さでこの世を去った。この悲報を受け、ハリウッドセレブらが多数追悼メッセージを寄せている。

足の痛みを訴え先月、ロサンゼルスの「シーダーズ・サイナイ・メディカル・センター」を訪れたジョン・シングルトン監督。その後、芸能情報サイト『TMZ』は監督が脳卒中を起こし同病院の集中治療室に移ったことを伝えていた。昏睡状態が続いていたシングルトン監督は、現地時間4月29日に生命維持装置が外され、帰らぬ人となった。

シングルトン監督は名門南カリフォルニア大学の映画芸術学部の出身で、若干23歳で『ボーイズ’ン・ザ・フッド』にて鮮烈な監督デビューを果たしている。犯罪多発地帯として有名なロサンゼルス・サウス・セントラル地区に暮らすアフリカ系米国人の生活を赤裸々に描いた同映画は高い評価を受け、第64回アカデミー賞「監督賞」および「脚本賞」にノミネートされた。アフリカ系米国人初の監督賞候補、また両カテゴリーでの最年少ノミネートというダブルの快挙で、シングルトン監督は一躍脚光を浴びるようになった。

その後『ローズウッド』(1997年)や『ワイルド・スピードX2』(2003年)など話題作を次々と手がけたのち、近年は『Empire 成功の代償』や『アメリカン・クライム・ストーリー/O・J・シンプソン事件』などテレビドラマの監督として活躍していた。

あわせて読みたい

TechinsightJapanの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

海外セレブニュースアクセスランキング

海外セレブランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2019年5月1日の海外セレブ記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

ハリウッド俳優や注目のモデルや、海外のゴシップ情報、噂話をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。