宝くじで6億円当選の2人組、盗んだカードで購入か 運営会社が支払いを拒否(英)

宝くじで6億円当選の2人組、盗んだカードで購入か 運営会社が支払いを拒否(英)
宝くじに当選し浮かれる2人だが…(画像は『Metro 2019年4月27日付「Criminals denied Lotto win for using ‘stolen debit card’ vow to report Camelot to police」(Picture: Facebook)』のスクリーンショット)
銀行口座を持っていないのに、デビットカードを使って宝くじを購入した2人組が約6億円の当選を果たした。しかし強盗や窃盗の前科・前歴がある2人は、宝くじ運営会社から「盗んだカードで購入したのでは?」と疑いをかけられ、当選金の支払いを拒否されている。『The Sun』『Metro』などが伝えた。

英グレーター・マンチェスターのボルトンに住むマーク・グッドラム(36)とジョン=ロス・ワトソン(31)は先月22日、英ロンドン南西のクラパムにある店で宝くじ「スクラッチカード」を購入した。その後、なんと400万ポンド(約6億円)に当選したことを知った2人は、国営宝くじを運営する「キャメロット社(Camelot)」に連絡を取り、当選金の支払いを求めた。

しかし同社は、2人が銀行口座を持っていないのにもかかわらずデビットカードを使って10ポンド(約1450円)の宝くじを購入していたことを突き止め、当選金の支払いを保留とした。2人は当初「宝くじは持っていた小銭で買った」と語ったものの、デビットカードについて質問されると「ジョンという友達が、デビットカードを使って宝くじを購入してくれた」と話を変えていた。しかしジョンの苗字や住所、電話番号について聞かれると口を濁し「ジョンは公に名前を出したくないと言っている。当選が分かった途端に英北部に引っ越した。盗んだカードで宝くじを買った覚えはない」と主張した。

それでも大金が手に入ることを見越してか、2人は当選発覚後に店に繰り出し、友達から借りたお金でシャンパンやカクテル、ウォッカなどを飲んでパーティ三昧の生活を5日も送っていたようだ。

あわせて読みたい

TechinsightJapanの記事をもっと見る 2019年5月2日の国際総合記事
「宝くじで6億円当選の2人組、盗んだカードで購入か 運営会社が支払いを拒否(英)」の みんなの反応 10
  • 匿名さん 通報

    一方性懲りも無く中国人そのままのクルクルパーなおつむを曝け出す匿名21:53はここでもなにやら吠えている。こんなトコで吠えてたって世の中変わらねぇ。他でやんな。

    12
  • 匿名さん 通報

    宝くじ会社からしたら関わりたくなかっただろう。盗んだ金で何億も当たるなんてw金じゃなくて天罰が当たった話を聞きたいよ。

    2
  • 匿名さん 通報

    《頭狂誘拐女性バラバラ殺害トイレ遺棄事件》一方《他国の出来事で自らの不都合ひた隠す、中国そのまま、猟奇殺人最多頭狂穢土人民腸栓共和国では》《頭狂バラバラ殺人男》女性の身体を斬り刻んでいた事がわかった。

    1
  • 匿名さん 通報

    大金だからね…。

    0
  • 匿名さん 通報

    性懲りもないレイパー都市の汚物以下トンキンの皆さんって、どうしてそんなに自分を鏡で見れないんですかぁ〜(笑)。エラがはってるから自分の顔が見れないんですかぁ〜(爆)。

    0
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

新着トピックス

国際総合ニュースアクセスランキング

国際総合ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

海外の人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

世界の経済情報、政治、外交、宗教や事件など世界中の情報をお届け中。