今井華、“バイブス恐怖症”にかかっていた 昨年はTVに3本しか出演せず

今井華、“バイブス恐怖症”にかかっていた 昨年はTVに3本しか出演せず
「バイブス」を流行らせた今井華(2015年撮影)
かつて「ギャル界のカリスマ」と呼ばれ、2013年に恋愛リアリティー番組『テラスハウス』に出演して一気に知名度を上げた今井華(26)。その後、バラエティー番組にも出演していた今井だが、最近はテレビで見かけることも少なくなった。今井は、昨年はたった3本しかテレビ番組に出演していないが、それは今井が流行らせた「バイブス」という言葉を聞くだけで身体が拒絶反応を起こす“バイブス恐怖症”に自らかかってしまったことが原因だという。

埼玉県秩父郡長瀞町出身の今井華は、中学3年の夏休みに髪を染め、ギャルの道へ。その後、伝説のギャル雑誌『egg』でモデルデビューし、あっという間に2013年、恋愛リアリティー番組『テラスハウス』に出演して一気に知名度が上がり、バラエティー番組にも出演して大ブレーク。“気分”を意味する「バイブス」という言葉を流行らせ、2013年ギャル流行語大賞1位を獲得した。

その今井が5月13日放送『しくじり先生 俺みたいになるな!!』(テレビ朝日)に出演、“バイブスバイブス言ってたらバイブスが激下がりしちゃった先生”として授業を行う。今井は「バイブス」でギャル語の頂点に立ったはずだが、今ではその「バイブス」が死ぬほど嫌いな言葉だと言い出し、生徒たちは驚愕する。さらに、あるときから「バイブス」という言葉を聞くだけで身体が拒絶反応を起こす“バイブス恐怖症”にかかってしまったとも打ち明けたのだ。その結果、テレビの仕事も嫌になってしまい、昨年はたった3本しか出演しなかったという。

あわせて読みたい

気になるキーワード

TechinsightJapanの記事をもっと見る 2019年5月10日の芸能総合記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

次に読みたい関連記事「石田ニコル」のニュース

次に読みたい関連記事「石田ニコル」のニュースをもっと見る

次に読みたい関連記事「ラブリ」のニュース

次に読みたい関連記事「ラブリ」のニュースをもっと見る

次に読みたい関連記事「佐藤江梨子」のニュース

次に読みたい関連記事「佐藤江梨子」のニュースをもっと見る

新着トピックス

芸能総合ニュースアクセスランキング

芸能総合ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

芸能の人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

話題の芸能人のゴシップや噂など最新芸能ゴシップをお届けします。俳優やタレントやアイドルグループなどの情報も充実。