車内ゴミだらけのドライバーが免許停止処分に(英)

車内ゴミだらけのドライバーが免許停止処分に(英)
ゴミで溢れた車内に警察は「運転に危険を伴う」(画像は『New York Post 2019年5月15日付「Driver fined for ‘dangerous’ amount of fast-food trash in his car」(Twitter)』のスクリーンショット)
日本では、車からゴミなどをポイ捨てする行為は「道路交通法第76条第4項第4号又は5号」により違反とみなされ、5万円以下の罰金が科せられることもある。しかしこのほどイギリスで、ポイ捨てはしなかったものの車内にゴミを放置していたためにある男性が運転免許停止処分を下された。『New York Post』『Fox News』などが伝えている。

英マーロー在住の男性が車の運転中にテムズバレー道路交通警察隊によって拘束され、罰金を科せられうえに免許停止を言い渡された。警察隊がなぜこの車を止めたのかは明らかにされていないが、路肩に停車させたところ問題があることが発覚したため免許停止処分を下したようだ。

同警察隊では啓蒙の意味でこの男性の車内の写真をTwitterに投稿したが、多くの人々は男性が免許停止になった理由について興味津々だったようだ。そこには次のように綴られていた。

「少なくとも彼は車からのポイ捨てはしていませんでした。この男性はファストフードを食べた後の袋など、危険を伴うほど大量のゴミで埋め尽くしたまま運転していたため警察に拘束され、免許停止処分になりました。」

投稿された写真には、ファストフードの紙袋や容器だけでなくスナック菓子の袋など様々なゴミが所狭しと溢れていた。しかもゴミは運転席のアクセルおよびブレーキペダルの下にも埋もれており、いざという時にブレーキが充分に踏み込めない状態なのが見て取れる。

あわせて読みたい

TechinsightJapanの記事をもっと見る 2019年5月20日の国際総合記事
「車内ゴミだらけのドライバーが免許停止処分に(英)」の みんなの反応 2
  • 匿名さん 通報

    私のいた会社では若い奴が昼間から缶ビールを飲んで運転し、アクセルやブレーキのペダルの下に空き缶が入り込んで事故になりかかった。会社はそいつをクビにしなかった。ブラック企業だし。

    0
  • 匿名さん 通報

    丸山桂里奈、みてるかー。

    0
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

新着トピックス

国際総合ニュースアクセスランキング

国際総合ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

海外の人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

世界の経済情報、政治、外交、宗教や事件など世界中の情報をお届け中。