ヘンリー王子&メーガン妃夫妻、英国出身の女性ナニーを雇う

ヘンリー王子&メーガン妃夫妻、英国出身の女性ナニーを雇う
ヘンリー王子夫妻、アーチーくん誕生2日後のお披露目にて(画像は『The Duke and Duchess of Sussex 2019年5月8日付Instagram「Today The Duke and Duchess of Sussex are delighted to share their first public moment as a family.」』のスクリーンショット)
先月に待望の第1子が誕生し、一体どんなナニーを雇うのかに注目が集まっていた英王室のヘンリー王子とメーガン妃。このほど英米の複数のメディアが、夫妻は英国出身の女性ナニーを雇ったことを伝えている。

一時的に子供を預かって身の回りの世話をするベビーシッターとは異なり、子供のしつけや人格形成に深く関わるナニーは英国で広く認められた職業である。ウィリアム王子とキャサリン妃は、国内のエリートナニー養成学校を卒業したマリア・ボラロさんのサポートを得ながらジョージ王子、シャーロット王女、ルイ王子を育てている。「リアル・メリー・ポピンズ」の呼び声も高いマリアさんはスペイン出身の40代で、一家が暮らすケンジントン宮殿に住み込みで常駐している。普段はジョージ王子とシャーロット王女にスペイン語を教えたり、海外公務に同行するなど夫妻が絶大な信頼を寄せる人物だ。

一方、そのファッションや言動が「掟破り」「セレブ気取り」などと揶揄されることの多いメーガン妃は、マリア・ボラロさんのようなエリートナニーを採用するのか、それとも旧来のしきたりを破りハリウッドセレブのように“マニー”(男性のナニーで、manとnannyを組み合わせた造語)を雇うのか、はたまた妃の実母ドリアさんのヘルプを頼るのか―など、どのようなアプローチで育児を実践していくのかが注目されていた。

しかしメーガン妃の出産2週間ほど前から英国入りしていたドリアさんは、アーチーくん誕生後は約2週間滞在したのみで5月半ばにウィンザーを後にしている。ヘンリー王子とメーガン妃は英国内の3つのエージェントからナニーの候補を絞っている段階とも言われていたが、このほど英米複数のメディアが夫妻は英国生まれの女性ナニーを採用したこと、おそらくマリアさんのようにナニー界のエリート校「ノーランド・カレッジ」の卒業生であること、また採用の際には大変細かい事項が多数盛り込まれた守秘義務契約書に署名をさせられたことなどを伝えている。

あわせて読みたい

気になるキーワード

TechinsightJapanの記事をもっと見る 2019年6月15日の国際総合記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

次に読みたい関連記事「キャサリン妃」のニュース

次に読みたい関連記事「キャサリン妃」のニュースをもっと見る

次に読みたい関連記事「ジョージ王子」のニュース

次に読みたい関連記事「ジョージ王子」のニュースをもっと見る

新着トピックス

国際総合ニュースアクセスランキング

国際総合ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

海外の人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

世界の経済情報、政治、外交、宗教や事件など世界中の情報をお届け中。