4歳児「チョコレートを買いに行きたくて」祖父の車を運転(米)

4歳児「チョコレートを買いに行きたくて」祖父の車を運転(米)
ガソリンスタンドまで車を運転した4歳児(画像は『FOX 9 2019年6月14日付「Boy, 4, takes great-grandfather’s SUV on cruise for candy in Blaine, Minn.」』のスクリーンショット)
「チョコレートが食べたくてたまらない!」と米ミネソタ州の4歳男児が、祖父の自宅から約2.5キロ先のガソリンスタンドまでSUVを走らせた。男児はケガもなく保護されたが、連絡を受けた地元警察も“最年少のドライバー”と驚きを隠せない様子だ。『FOX 9』などが伝えている。

今月11日の朝8時半頃、ミネソタ州ブレイン在住のセバスチャン君(4歳)が祖父ロイ・ベッカーさんのSUV“ヒュンダイ・サンタフェ”を一人で運転し、約2.5キロ先のガソリンスタンドにやってきた。

この日、ロイさんの自宅で過ごしていたセバスチャン君は「リーシーズ(Reese’s)」というチョコレートにピーナッツバターが入ったお菓子がどうしても食べたくなり、誰にも気づかれないようにこっそりと家を抜け出した。車の鍵は壁の高い位置にかかっていたが、ロイさんの歩行器を踏み台にして鍵を手に入れたセバスチャン君は交通量が多い朝の大通りを走った。

しかし車を運転したこともない4歳児が、見よう見まねでSUVを運転するのはかなり難しいはずである。実際にセバスチャン君が運転席に座ってアクセルに足を伸ばすと車のフロントガラスから前方を見ることが困難な状態で、SUVは近所の複数の郵便受けや木々に衝突し、フロントバンパー右側は大きく損傷した。

SUVを目撃した人は「時速16キロ~24キロほどのスピードで走っていました。かなり危なっかしい運転でしたよ」と証言しており、セバスチャン君はガソリンスタンドに到着したところで連絡を受けた警察に保護された。

あわせて読みたい

TechinsightJapanの記事をもっと見る 2019年6月17日の国際総合記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

トピックス

> 今日の主要ニュース > 国内の主要ニュース > 海外の主要ニュース > 芸能の主要ニュース > スポーツの主要ニュース > トレンドの主要ニュース > おもしろの主要ニュース > コラムの主要ニュース > インタビューの主要ニュース

国際総合ニュースアクセスランキング

国際総合ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

海外の人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

世界の経済情報、政治、外交、宗教や事件など世界中の情報をお届け中。