岡田准一は“Mr.ストイック” 「周りが迷惑」と佐藤浩市 柳楽優弥スタントマン使えず

岡田准一は“Mr.ストイック” 「周りが迷惑」と佐藤浩市 柳楽優弥スタントマン使えず
『ザ・ファブル』公開記念舞台挨拶にて山本美月、岡田准一、木村文乃
21日から公開中の映画『ザ・ファブル』公開記念舞台挨拶が22日に都内で開催され、主演の岡田准一V6)をはじめ、木村文乃山本美月福士蒼汰柳楽優弥向井理安田顕佐藤浩市宮川大輔の豪華キャストが集結した。強烈な個性あふれるキャラクターが勢ぞろいの同作にちなみ、「フツーじゃない!」と思った共演者や撮影現場などのエピソードをそれぞれ披露して場内を沸かせた。

南勝久氏によるコミックを原作に、主人公・凄腕の殺し屋“ファブル”ことアキラの1年間の危険な休業生活を描く同映画。このアキラを岡田准一がコミカルな演技と機敏なアクションで演じる。そしてアキラの陽気な相棒・ヨウコ役を木村文乃が、アキラが初めて出会う“一般社会の住人”の女性、ミサキ役を山本美月が務める。その他、豪華面々が顔をそろえた。


満員の客席後方からキャストたちが大歓声のなか入場したが、佐藤浩市と江口カン監督だけはなぜかステージ上手から客席を通らずに舞台に登場。そのワケについて、佐藤は以前に客席後方から入場した際に手を出してきた観客に手を差し伸べたところ「アンタじゃない!」と手をピシッと払われたという衝撃的な経験を話した。「それから、トラウマになっちゃって…」と漏らす佐藤に驚きの声があがるなか、左右から金銀色テープが勢いよく放たれ、舞台挨拶は華々しく幕を開けた。


その佐藤は、岡田が10代の頃に「親子役でご一緒した」と振り返り、岡田は「浩市さんは僕を“准一”と呼んでくれる大先輩」と話す。日頃から佐藤は岡田を気にかけているそうで、「准一、大変そうだな」「准一、人(観客)入っているみたいだな」と佐藤の口調や態度を岡田が真似して爆笑をさらった。「大先輩がこのようにできるのは普通じゃない」とリスペクトしつつ、「父上ありがとうございます」と和ませた。佐藤は「今回みたいに座長が“Mr.ストイック”だと周りが迷惑。アクションの絡みがなくて良かった」と胸を撫で下ろした。

あわせて読みたい

気になるキーワード

  1. 岡田准一 ひらパー兄さん
  2. 岡田准一 ドラマ
  3. 岡田准一 宮崎あおい
TechinsightJapanの記事をもっと見る 2019年6月22日の芸能総合記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

「岡田准一 + 映画」のおすすめ記事

「岡田准一 + 映画」のおすすめ記事をもっと見る

「岡田准一 + ドラマ」のおすすめ記事

「岡田准一 + ドラマ」のおすすめ記事をもっと見る

次に読みたい関連記事「亀梨和也」のニュース

次に読みたい関連記事「亀梨和也」のニュースをもっと見る

新着トピックス

芸能総合ニュースアクセスランキング

芸能総合ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

芸能の人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

話題の芸能人のゴシップや噂など最新芸能ゴシップをお届けします。俳優やタレントやアイドルグループなどの情報も充実。