カラテカ入江が120万円かけて自主制作したご当地キャラ「クロコダイラ」 『スマスマ』出演もその後は…

カラテカ入江が120万円かけて自主制作したご当地キャラ「クロコダイラ」 『スマスマ』出演もその後は…
クロコダイラの“中の人”だった入江慎也
振り込め詐欺集団の会合に芸人を斡旋するなどの闇営業をしたことで、吉本興業から契約を解消されたカラテカの入江慎也。彼は2013年、“ご当地キャラ”ブームに注目し出身地である東京都小平市の非公認キャラ「クロコダイラ」を誕生させている。2014年から本格的に活動を始めると、すぐに人気バラエティ番組や吉本に所属する芸人のイベントに出演。クロコダイラの知名度を上げるため彼が誇っていた人脈を駆使して攻勢をかけ、人気キャラクターの地位を早期に確立したかったようだ。

2013年10月、入江慎也は自著『使える!人脈力「友達5000人芸人」が実践する50の習慣』刊行記念講演会前の取材中に突然、「今、ゆるキャラを作ってるんです」と告白した。この年は「ユーキャン新語・流行語大賞」のトップテンに“ご当地キャラ”が入るほど、ご当地マスコットキャラクターが大ブームとなっている。特に熊本県公認のくまモン、非公認ではあるが千葉県船橋市のPRをしているふなっしーが全国的な人気を得ていた。このご当地キャラブームから派生するキャラクタービジネスに目を付けたのか、入江はなんと120万円かけて着ぐるみを自主制作していると明かしたのだ。

翌2014年から入江は自ら着ぐるみの中に入り、小平市の非公認キャラ「クロコダイラ」として本格的な活動を始める。もちろん小平市で行われているお祭りなどにも足を運んでいたが、なんと言っても彼の強みは芸能界の人脈である。同じ吉本所属の人気芸人が出演するステージに一緒に立ったり、同年3月にはふなっしーがゲスト出演した回の『

あわせて読みたい

TechinsightJapanの記事をもっと見る 2019年6月27日の芸能総合記事
「カラテカ入江が120万円かけて自主制作したご当地キャラ「クロコダイラ」 『スマスマ』出演もその後は…」の みんなの反応 1
  • ニャニャー 通報

    元SMAPメンバー、丸ごと裏切られたね。

    0
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

トピックス

> 今日の主要ニュース > 国内の主要ニュース > 海外の主要ニュース > 芸能の主要ニュース > スポーツの主要ニュース > トレンドの主要ニュース > おもしろの主要ニュース > コラムの主要ニュース > インタビューの主要ニュース

芸能総合ニュースアクセスランキング

芸能総合ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

芸能の人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

話題の芸能人のゴシップや噂など最新芸能ゴシップをお届けします。俳優やタレントやアイドルグループなどの情報も充実。