100歳と102歳が結婚「高齢者住宅で恋に落ちてしまった」(米)

100歳と102歳が結婚「高齢者住宅で恋に落ちてしまった」(米)
晴れて夫婦となった超高齢の2人(画像は『fox8news 2019年7月3日付Twitter「‘We fell in love with each other’: 100, 102-year-olds get married at Ohio assisted living facility」』のスクリーンショット)
昨今の日本ではアラサー、アラフォー、アラフィフといった中高年層の婚活の厳しさを訴える声がよく聞かれる。だが、年齢だけで結婚を諦めるのは少々早計かもしれない。このほどアメリカで約1年間の交際を経て、100歳と102歳のカップルが結婚式を挙げた。米オハイオ州のサービス付き高齢者向け住宅で出会った2人は、地元メディアのインタビューに「100歳を超えて恋に落ちるなんて思いもしなかった」「ロマンスに年は関係ない」と語り、互いへの想いを明かした。

先月26日、オハイオ州トレド近郊シルバニアにあるサービス付き高齢者向け住宅「キングストン・レジデンス」におめでたいニュースが舞い込んだ。入居するジョン・クックさん(100歳)とフィリスさん(102歳)が晴れて夫婦となったのだ。

つい最近100歳を迎えたばかりの新郎ジョンさんは、第二次世界大戦に従軍した退役軍人で「実は式を挙げることは全く考えていなかったんだ。結婚許可証の申請先で『せっかくだから式も挙げましょう』と言われて、そのまま勢いにまかせてしまったよ」と夫婦となったいきさつを地元メディア『NBC 24 WNWO』に明かしている。

新婦となったフィリスさんはウェストバージニア州出身の102歳。8月8日に103歳の誕生日を迎えるが、「実を言うと、ジョンと私は恋に落ちたの。100歳を超えて結婚するなんてあり得ないっていう人もいるでしょう。でも私たちは恋に落ちてしまったのよ」と、ときめく気持ちを熱く語っている。フィリスさんの母親は106歳で亡くなったそうで「まだまだ元気で長生きをしたいわ。ロマンスに年は関係ないのよ」とさらりと言ってのけた。

あわせて読みたい

TechinsightJapanの記事をもっと見る 2019年7月7日の国際総合記事
「100歳と102歳が結婚「高齢者住宅で恋に落ちてしまった」(米)」の みんなの反応 1
  • ʕ⁎̯͡⁎ʔ༄ 通報

    めでたし、めでたし。

    0
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

新着トピックス

国際総合ニュースアクセスランキング

国際総合ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

海外の人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

世界の経済情報、政治、外交、宗教や事件など世界中の情報をお届け中。