娘を亡くしたシングルマザーが児童扶養手当など約1500万円を不正受給

記事まとめ

  • オーストラリアで生後5カ月で子供を亡くした女が、人形を自分の子供だと偽り、児童扶養手当を不正に受給していたことが発覚した。
  • 女は連邦政府を欺き、不正に手当を受け取っていたとして6件の罪で起訴され、地方裁判所に出廷した。
  • 金額は児童扶養手当、家族税手当、母子家庭への育児支援金を含め約1,520万円にのぼるという。

娘を亡くしたシングルマザー、人形に服を着せ児童扶養手当など約1500万円を不正受給(豪)

娘を亡くしたシングルマザー、人形に服を着せ児童扶養手当など約1500万円を不正受給(豪)
娘が亡くなった後も児童扶養手当を受給していた女(画像は『Sunshine Coast Daily 2019年7月17日付「Mum’s $200,000 dead baby Centrelink rort」』のスクリーンショット)
オーストラリアで生まれてまもない子供を亡くした女が人形を自分の子供だと偽り、児童扶養手当を不正に受給していたことが発覚した。この手当は市民の税金から賄われていることもあって非難の声があがっている。『Mirror』『Sunshine Coast Daily』などが伝えた。

シドニー在住のアリソン・クリスティー・メインズ(Alison Christie Mains、41)が連邦政府を欺き、不正に手当を受け取っていたとして6件の罪で起訴され、今月17日にシドニーのダウニング・センター地方裁判所に出廷した。

オーストラリアではセンターリンクと呼ばれる福祉政策を担当する政府機関があり、子供のいる家庭を経済的に支援しているが、アリソンはそれを利用して1998年から2013年の15年間にわたって不正受給をしていたため起訴されていた。

アリソンは1998年8月にシングルマザーとしてタイラー・マリー(Tyler Marie)という女児を出産しているが、その子は重度の障害をもっていたこともあり生後5か月で亡くなってしまった。ところがアリソンは娘の死去後、人形に洋服を着せて自分の娘だと偽り、児童扶養手当を受給し続けていたのだ。

その金額は児童扶養手当、家族税手当、母子家庭への育児支援金を含む20万オーストラリアドル(約1,520万円)にのぼるという。

彼女の弁護士であるマーティン・ベルンハルト氏(Martin Bernhaut)は、アリソンが人形を娘と偽っていたことに対して「この犯行は我が子を亡くした母親の大きな悲しみが生んだ悲劇とも言える」と擁護した。

あわせて読みたい

TechinsightJapanの記事をもっと見る 2019年7月19日の国際総合記事
「娘を亡くしたシングルマザー、人形に服を着せ児童扶養手当など約1500万円を不正受給(豪)」の みんなの反応 8
  • 匿名さん 通報

    日本では子供を抱えた母親が餓死している。

    3
  • 匿名さん 通報

    出た、オーストラリア・トンキン!

    1
  • 匿名さん 通報

    この母親は、産まれてすぐ死んでしまった娘が、まだ生きていると思いたかったんだね。記事にもある通りすごく可愛そうだ。京アニ周辺の人は冷たいね。

    1
  • 匿名さん 通報

    消費税はトヨタなどの大企業に還元されてるんだからトヨタは消費税アップ大賛成。クズが。

    0
  • 匿名さん 通報

    そういえば、母親が生活保護非を不正受給してたとかいうのもいたな(笑)不正してないのに返金したとか?こういうやからは、どこにでもいるんだな

    0
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

トピックス

> 今日の主要ニュース > 国内の主要ニュース > 海外の主要ニュース > 芸能の主要ニュース > スポーツの主要ニュース > トレンドの主要ニュース > おもしろの主要ニュース > コラムの主要ニュース > インタビューの主要ニュース

国際総合ニュースアクセスランキング

国際総合ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

海外の人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

世界の経済情報、政治、外交、宗教や事件など世界中の情報をお届け中。