結婚71年の夫婦、12時間差で亡くなる 「究極のラブストーリー」(米)

結婚71年の夫婦、12時間差で亡くなる 「究極のラブストーリー」(米)
71年連れ添い、同じ日に亡くなった夫婦(画像は『6abc Action News 2019年7月16日付Facebook「Frances and Herbert DeLaigle were married for 71 years.」』のスクリーンショット)
長い年月を共に過ごしていると、お互いの死期を悟るのだろうか。今年6月に71回目の結婚記念日を迎えたアメリカの夫婦はお互いを愛し、尊重し合い、時にはグッと我慢もし、怒って、笑って、そして天国へ行くのも一緒だった。『Fox News』『ABC News』などが伝えている。

71年間連れ添った米ジョージア州在住のデレイグル(DeLaigle)夫妻が今月12日、12時間差で息を引き取った。ハーバートさん(94)が亡くなったのは午前2時20分、妻のマリリン・フランシスさん(88)が亡くなったのは午後2時20分だった。

2人が出会ったのは、フランシスさんが働いていたバージニア州ウェーンズボロの“ホワイト・ウェイ・カフェ(White Way Cafe)”で、当時ハーバートさんは22歳、フランシスさんは16歳だった。カフェに出入りするフランシスさんに恋心を抱いたハーバートさんはある日、デートの約束を取り付けて映画館へ。そして初デートから1年後にハーバートさんがプロポーズし結婚、2人は今年6月に71回目の結婚記念日を迎えた。

71年を支えあって生きてきた2人の間には、6人の子供、16人の孫、25人のひ孫がいる。ハーバートさんは20年間を陸軍で過ごし、第二次世界大戦、朝鮮戦争、ベトナム戦争に従軍した退役主任軍曹だった。

フランシスさんは生前、メディアのインタビューに「ハーバートは陸軍所属で家を不在にするときが多かったでしょう。だからハーバートがそばにいる時は、必ず彼の手をしっかりと握りしめることにしているのよ」と明かしていたが、ハーバートさんが亡くなった瞬間も2人は隣り合わせのベッドに横たわり、しっかりと手を繋いでいたそうだ。

あわせて読みたい

TechinsightJapanの記事をもっと見る 2019年7月20日の国際総合記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

トピックス

> 今日の主要ニュース > 国内の主要ニュース > 海外の主要ニュース > 芸能の主要ニュース > スポーツの主要ニュース > トレンドの主要ニュース > おもしろの主要ニュース > コラムの主要ニュース > インタビューの主要ニュース

国際総合ニュースアクセスランキング

国際総合ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

海外の人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

世界の経済情報、政治、外交、宗教や事件など世界中の情報をお届け中。