ソーセージ工場で18歳男性、ミートミキサーに巻き込まれ死亡(フィリピン)

ソーセージ工場で18歳男性、ミートミキサーに巻き込まれ死亡(フィリピン)
2週間前に働き出した工場で亡くなった18歳男性(画像は『Joemar Jungco Bugoy 2019年5月13日付Facebook』のスクリーンショット)
先月下旬、フィリピン中部パナイ島にある冷凍食品会社のソーセージ工場で、18歳男性がミートミキサーに巻き込まれ窒息死した。男性は2週間前に同工場で働き始めたばかりで、工場は事故後に立ち入り検査に入ったフィリピン労働雇用省によって閉鎖を命じられている。『Philnews.ph』『The Philippine Star』などが伝えた。

6月22日、パナイ島イロイロ市ラパズにある冷凍食品会社「Manokan & Frozen Foods」のソーセージ工場で、ジョマー・ジュンコさん(Jomar Junco、18)が、稼働中のミートミキサーに巻き込まれて死亡した。事故が起こったのは午前7時半頃で、ジョマーさんは右手を突っ込んでミキサーに巻き込まれ、そのまま頭から機械に引き込まれて動きがとれなくなったようだ。

ジョマーさんは2週間前に働き始めたばかりだったが、1人でミートミキサーを作動させて上半身がはまり込み、機械から脚だけ突き出した状態で動かなくなっているところを同僚が発見した。警察が駆けつけたのは事故発生の約1時間半後で、機械から引っ張り出されたジョマーさんはその場で死亡が確認された。

工場のオーナーは事故直後、地元メディアのインタビューに「ジョマーさんを発見した従業員はすぐに機械を停止しましたが、このような悲劇が起こってしまったことは誠に遺憾です。ジョマーさんはパッキング担当で、ミートミキサーの使い方さえも分からなかったはずです」と声を詰まらせて語っていた。

あわせて読みたい

TechinsightJapanの記事をもっと見る 2019年7月21日の国際総合記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース インタビューの主要ニュース

国際総合ニュースアクセスランキング

国際総合ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

海外の人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

世界の経済情報、政治、外交、宗教や事件など世界中の情報をお届け中。