『3年A組』柊一颯先生が久々に登場 「もう一度この世の中に授業が必要な気がします」の声も
拡大する(全1枚)
柊一颯先生を体当たりで演じた菅田将暉
菅田将暉が主演した日本テレビ系日曜ドラマ『3年A組 ―今から皆さんは、人質です―』の放送が終っておよそ4か月が経つ。主人公の『3年A組』担任・柊一颯先生は不治の病に苦しみながら、生徒たちを教室に監禁して授業を行い、クラスメイトが命を落とした原因を考えさせて「何が真の悪なのか?」を分からせようとする。衝撃的なシーンや感動を呼ぶ言葉が忘れられない作品だった。7月24日、番組公式Twitterにその柊一颯先生の姿が投稿されて反響を呼んでいる。

「もう一度 授業受けませんか?」「#菅田将暉 #3A」のツイートに「柊先生~~逢いたい、受けたいですぅ」、「受けたいです。受けさせてください。もう一度授業してください」と要望するコメントが多数寄せられており、なかには『3年A組』の続編決定や映画化決定かと一瞬期待した声もあるが、実は「#Bluray #DVD #発売日」とタグで告知があった。

そうしたなか「久しぶりの柊先生! 学校でSNSの使い方についての講習会あったけど、柊先生の授業の方が心に響くんだよなー。もういっそ全校生徒の前で3A流しとけば講習会するより生徒に伝わる!」、「もう一度この世の中に授業が必要な気がします」といった声が見受けられる。

『3年A組』では、柊先生が半年前に自ら命を落とした学園のスター・景山澪奈(上白石萌歌)がなぜ死を選んだのか「原因を考え、真実を知っている者は名乗り出ろ」と生徒たちに課題を出し、それを通じて自分の頭で考えて物事の本質を見ることを教えていく。