キャサリン妃に浮上した“ボトックス疑惑” ケンジントン宮殿が否定

キャサリン妃に浮上した“ボトックス疑惑” ケンジントン宮殿が否定
ケンジントン宮殿はキャサリン妃のボトックス使用をきっぱり否定(画像は『Kensington Palace 2019年5月14日付Instagram「Today The Duchess of Cambridge visited @bletchleyparkuk, the home of British codebreaking」』のスクリーンショット)
今月23日、ロンドンの形成外科医がInstagramにキャサリン妃の写真をアップし、妃がボトックス注射を定期的に受けているかのような内容で物議を醸していた。そんな噂についてケンジントン宮殿が異例の声明を発表、医師の発言は「事実無根」としている。

事の発端はロンドン市内で「Dr. Medi Spa Clinic」を営む形成外科医ムニール・ソムジ氏が、同クリニックのInstagramにアップしたキャサリン妃の2枚の写真だった。左側には2016年に撮影された妃の写真があり、おでこのシワやほうれい線が比較的目立っているのだが、右側の写真では肌色も明るく若々しい雰囲気だ。

ソムジ医師はキャサリン妃のこの2枚の写真に「我らがケイトは、軽めのベビーボトックスが大好き」とコメントし、右側の写真ではおでこのシワが激減していることや、眉頭から眉山、眉尻にかけてのアーチが全体的に高くなっていることなどを指摘、あたかも妃がボトックス注射を受けたかのような解説を添えていた。

そのためこの投稿を見た人は、妃が同クリニックに通い定期的に施術を受けているという印象を持ってしまったようだ。物議を醸したこちらの投稿はすでにInstagramから削除されているが、クリニックの広報担当者は『New York Post』に対し、

「『我らがケイト』という表現は、『当クリニックの患者であるケイト』という意味ではなく、『英国のケイト』という意味合いだった」

あわせて読みたい

TechinsightJapanの記事をもっと見る 2019年7月27日の国際総合記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

トピックス

> 今日の主要ニュース > 国内の主要ニュース > 海外の主要ニュース > 芸能の主要ニュース > スポーツの主要ニュース > トレンドの主要ニュース > おもしろの主要ニュース > コラムの主要ニュース > インタビューの主要ニュース

国際総合ニュースアクセスランキング

国際総合ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

海外の人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

世界の経済情報、政治、外交、宗教や事件など世界中の情報をお届け中。