ブリトニー・スピアーズ、超庶民派「ターゲット」で年間80回以上買い物

記事まとめ

  • ブリトニー・スピアーズが、年間80回の頻度で「Target」に通いつめていたことが明らかになった。
  • 「Target」は「ウォルマート」「アマゾン」「コストコ」などに次ぎ全米第8位にランクインする庶民派大型ストアだ。
  • ブリトニーの「Target」への訪問回数は、週に1.53回で、かなりお気に入りの店といえる。

ブリトニー・スピアーズ、超庶民派の大型量販店に年間80回以上通い詰め

ブリトニー・スピアーズ、超庶民派の大型量販店に年間80回以上通い詰め
意外に庶民派なブリトニー・スピアーズ(画像は『Britney Spears 2019年6月11日付Instagram「Miami with mi amor @samasghari」』のスクリーンショット)
米出身シンガー、ブリトニー・スピアーズ(37)は“今世紀最大のポップ・アイコン”と名高い一流アーティストだが、プライベートでは超庶民派の大型量販店がお気に入りのようだ。このほど公開された収支報告記録で、ブリトニーが年間80回の頻度で「Target」に通いつめていたことが明らかになった。

精神的に不安定になり、数々の奇行を繰り返した時期があったブリトニー・スピアーズ。そのため2008年以降は、契約や訴訟といった慎重な判断が必要な場面ではその権限が実父ジェイミーさんらに委ねられ、またブリトニーの財産も父親らにより管理されてきた。そんなブリトニーの収支報告記録がこのほど裁判所に提出され、2018年の収支報告内容について芸能情報サイト『The Blast』が伝えている。

それによれば2018年、ブリトニーは裁判費用などにおよそ1億1600万円、旅行費用におよそ740万円を使っていたという。また生活費の総額はおよそ4200万円だったとされ、家庭用品に合計約700万円が使われたことが記されている。ブリトニーは主にスーパーマーケット「Ralphs」やDIYストアの「Home Depot」、「セブン-イレブン」「アマゾン」などで家庭用品を購入しており、なかでも一番のお気に入りは、食料品、生活雑貨、玩具、家電、家具、電子機器、ジュエリーなどを扱う大型量販店の「Target」であることが明らかになった。

「Target」は良心的な価格設定やキュートなファッションラインなどが人気で、「ウォルマート」「アマゾン」「コストコ」などに次ぎ全米第8位にランクインする大型ストアだ。そんな超庶民派の店にブリトニーは昨年、年間合計80回以上足を運んでいたことが記録されていた。

あわせて読みたい

気になるキーワード

TechinsightJapanの記事をもっと見る 2019年8月17日の海外セレブ記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

次に読みたい関連記事「ジャスティン・ビーバー」のニュース

次に読みたい関連記事「ジャスティン・ビーバー」のニュースをもっと見る

次に読みたい関連記事「テイラー・スイフト」のニュース

次に読みたい関連記事「テイラー・スイフト」のニュースをもっと見る

次に読みたい関連記事「テイラー・スウィフト」のニュース

次に読みたい関連記事「テイラー・スウィフト」のニュースをもっと見る

トピックス

> 今日の主要ニュース > 国内の主要ニュース > 海外の主要ニュース > 芸能の主要ニュース > スポーツの主要ニュース > トレンドの主要ニュース > おもしろの主要ニュース > コラムの主要ニュース > インタビューの主要ニュース

海外セレブニュースアクセスランキング

海外セレブランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

芸能の人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

ハリウッド俳優や注目のモデルや、海外のゴシップ情報、噂話をお届け中。