筋萎縮性側索硬化症(ALS)で人工呼吸器を付けた48歳コーチ「教えることこそ私の薬」

筋萎縮性側索硬化症(ALS)で人工呼吸器を付けた48歳コーチ「教えることこそ私の薬」
教え子たちと一緒のジェフさん(画像は『PEOPLE.com 2019年8月15日付「‘Warrior’ with ALS ‘Is Not Going to Stop’ Coaching Kids — Even Though He Can No Longer Speak」(PHOTO:BRIAN SHARPE)』のスクリーンショット)
筋肉を動かすための神経(運動ニューロン)が侵され、次第に自己呼吸ができなくなる難病「筋萎縮性側索硬化症(ALS)」は、進行を遅らせることはできても完治は困難と言われている。スポーツコーチである米フロリダ州在住の男性は10年前から少しずつ筋力が弱り始め、2012年にALSの診断を受けた。今は人工呼吸器を装着し介助なしでは生活できないが、それでもコーチを続けている。男性は自分を‟戦士”と呼び、教え子に不屈の精神を身をもって示すことで自分は生かされていると語る。『PEOPLE.com』が伝えた。

米フロリダ州ノースマイアミビーチ出身のジェフ・フォーゲルさん(Jeff Fogel、48)は、18歳の頃からJCC(ジューイッシュ・コミュニティ・センター)でスポーツカウンセラーやコーチをしていたが、一時はカリフォルニア州でDJとして働き、10年前にフラッグフットボールのコーチとして故郷に戻ってきた。ちょうどその頃から左手が痙攣するなど異常を感じていたジェフさんだが、練習で左手を酷使しているからと思い込みそのままにしていた。

しかし左手の症状は悪化し2012年、ジェフさんは医師から「筋萎縮性側索硬化症(ALS)」との診断を受けた。JCC女子バスケットボールチーム「Mo Steel」のアシスタントコーチに就任したばかりだったジェフさんは、教え子たちに病気のことを包み隠さず打ち明けて「君たちのためにコーチを続ける」と宣言した。ジェフさんの左手は完全に動かなくなっていた。

あわせて読みたい

TechinsightJapanの記事をもっと見る 2019年8月18日の国際総合記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

国際総合ニュースアクセスランキング

国際総合ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

海外の人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

世界の経済情報、政治、外交、宗教や事件など世界中の情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら