偽装妊娠の末「赤ちゃんが死んだ」 人形の写真で寄付金を集めたカップル(米)

米ペンシルベニア州在住の20代の妻が夫と共謀して妊娠したと嘘をつき、挙句の果てには「赤ちゃんが死んだ」と葬式代などを募る寄付金サイトを立ち上げていたことが分かり、今月中旬に詐欺罪などで逮捕された。大切な家族や友人らを長期にわたって騙し、子供へのプレゼントやお金を集めていた夫婦に非難の声が殺到している。

ペンシルベニア州サマセット郡在住のジェフェリー(27)とケイシー・ラング(23)夫妻は7月、SNSに息子の死亡記事を投稿した。その内容は次のようなものだった。

「息子イーストン・ワルト・ラングは、ジョンズタウンの病院で7月3日午前3時11分に体重約3200グラム、身長43センチで誕生しました。しかしたった5時間だけ生きると午前8時20分、天国に行ってしまいました…。新生児呼吸窮迫症候群でした。イーストンが亡くなる前、ママとパパは手を握り、ハグとキスをし、たくさんの『アイ・ラブ・ユー』の言葉をかけました。」

そして息子の死から4日後、夫婦は寄付金サイト『GoFundMe』を立ち上げ、イーストン君の病院代、植樹、お葬式の費用などの寄付を募り始めた。そこには帽子をかぶり、ブランケットに包まれて眠るイーストン君の写真がアップされていた。

ケイシーのベストフレンドだったシンシア・ディラシオさんは7月初め、ケイシーから連絡を受け赤ちゃんが突然死したことを聞かされたが、話がどうにも腑に落ちずある行動を起こした。シンシアさんはケイシーの妊娠について次のように語っている。
編集部おすすめ

当時の記事を読む

TechinsightJapanの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

国際総合ニュースランキング

国際総合ランキングをもっと見る
お買いものリンク