飢えた我が子に犬の糞を与えた母親 逮捕も実刑免れる(米)

飢えた我が子に犬の糞を与えた母親 逮捕も実刑免れる(米)
我が子に食事も与えず飢えさせていた母親(画像は『New York Post 2019年8月27日付「Oklahoma woman who forced kids to eat dog feces avoids jail time」(Delaware County Sheriff’s Office)』のスクリーンショット)
親による虐待事件は世界中で起こっているが、法でいくら裁いたとしても一向に無くなる気配がないようだ。このほどアメリカから、子供2人に食事を与えず飢えさせていた母親が実刑を免れるという一報が届いた。『New York Post』『Tulsa World』などが伝えている。

米オクラホマ州マイアミに住むメアリー・エリザベス・ムーア(Mary Elizabeth Moore、34)は今年4月、栄養失調だった我が子2人を病院へ連れて行かなかったことで育児放棄を含む2件の罪状で逮捕された。

メアリーは逮捕後、10万ドル(約1058万円)の保釈金が設定された状態で刑務所に勾留された。ところが今月23日、メアリーは罪を認めないものの起訴内容について検察側と争わない「不抗争の答弁」の申し立てをし、最終的に子供2人への接近禁止命令が言い渡されて執行猶予7年の判決になったが、実刑は免れることとなった。

しかし公開された法廷記録の内容は、実刑になってもおかしくないほどのメアリーの鬼畜ぶりが明らかになった。

メアリーが逮捕された当時、5歳の娘は体重26ポンド(約11.8キロ)、3歳の息子は体重18ポンド(約8.2キロ)しかなく、病院の集中治療室に搬送された。

過度の栄養失調だったことから、鼻からチューブを通して胃に直接栄養を送る方法を取らなければならなかったという。しかし栄養失調の状態が続いている身体に突然、栄養補給を行ったことで合併症のリフィーディング症候群を引き起こすなど治療は困難を極めたようだ。

あわせて読みたい

TechinsightJapanの記事をもっと見る 2019年8月30日の国際総合記事
「飢えた我が子に犬の糞を与えた母親 逮捕も実刑免れる(米)」の みんなの反応 1
  • 匿名さん 通報

    標本にしたほうがいい。タイトルは“人の皮を被ったデーモン”。

    0
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

国際総合ニュースアクセスランキング

国際総合ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

海外の人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

世界の経済情報、政治、外交、宗教や事件など世界中の情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら