25メートル下に転落 ベランダで危険なヨガをしていた23歳女性

記事まとめ

  • マンションのベランダから23歳の女性が約25メートル下の舗道に転落した。
  • 手すりの外側に身体を出し、逆さまになって腰でバランスを取るという危険なヨガをしていた。
  • 女性は一命を取り留めたが、110カ所を骨折しており、再び歩けるようになるには3年を要するという。

ベランダで危険なヨガ 23歳女性が25メートル下に転落(メキシコ)

ベランダで危険なヨガ 23歳女性が25メートル下に転落(メキシコ)
ベランダから落下する直前に撮影された女性(画像は『New York Post 2019年8月27日付「Student practicing extreme yoga pose falls 80 feet from balcony」』のスクリーンショット)
メキシコのあるマンションのベランダから、23歳の女性が約25メートル下の舗道に転落した。女性は一命を取り留めたものの、非常に極端な状況下でヨガをしていたことが明らかになっている。メキシコメディア『El Universal』などが伝えた。

今月25日の午後1時10分頃、ヌエボ・レオン州サン・ペドロ在住のアレクサ・テラザス・ロペスさん(Alexa Terrazas Lopez、23)がマンションの6階ベランダから転落した。アレクサさんは当時、ベランダに設置されたガラスパネルの手すりの外側に身体を出し、逆さまになって腰でバランスを取るという極めて危険なヨガを行っていた。『The Sun』によると、SNSで拡散しているヨガの写真はアレクサさんが落下する直前の様子を友人が撮影したものだという。

アレクサさんは両脚、両手、腰、頭など110か所を骨折しており、足首や膝の再建手術には11時間が費やされた。しかし容態は深刻で、今後2週間は薬によって昏睡状態に置かれ、再び歩けるようになるには3年を要するだろうということだ。

ベランダで危険なヨガを行っているアレクサさんの姿は度々目撃されており、マンションの手すりには構造的な問題がなかったことから地元当局はアレクサさんがバランスを崩して転落した‟事故である”と結論付けている。

アレクサさんは同州モンテレイ工科大学で健康や栄養について学んでおり、極端な状況下で行う‟エクストリーム(過激な)スポーツ”が趣味で、ジップラインで逆さ吊りになったり、ヘリコプターから飛び降りるなどのスタントをしてはSNSに投稿していたようだ。

あわせて読みたい

TechinsightJapanの記事をもっと見る 2019年8月30日の国際総合記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

国際総合ニュースアクセスランキング

国際総合ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

海外の人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

世界の経済情報、政治、外交、宗教や事件など世界中の情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら