新生児約8人分、25キロの卵巣腫瘍 59歳女性から摘出(露)

新生児約8人分、25キロの卵巣腫瘍 59歳女性から摘出(露)
緊急手術が行われたモスクワ市内の病院(画像は『Mirror 2019年8月28日付「Surgeon does victory dance after removing huge 55lbs tumour from patient’s ovary」(Image: east2west news)』のスクリーンショット)
       
激しい腹痛と呼吸困難を訴えて病院に搬送されたロシア在住の女性の卵巣から、25キロの腫瘍が摘出されたことが明らかになった。女性は3キロほどの新生児8人分の重さの腫瘍を下腹部に抱えていたことになり、執刀したモスクワの病院の医師は、身体に異常を感じたら早めの受診をするよう呼びかけている。『The Sun』『Fox News』などが伝えた。

年金生活をしている59歳の女性が下腹部の激しい痛みと呼吸困難を訴えて、モスクワ市クリニカル病院(Moscow City Clinical Hospital)に搬送された。検査の結果、女性の卵巣には袋状の巨大な腫瘍があることが確認され、医師らは緊急手術を行った。

外科部長ドミトリー・アリュティン氏(Dmitry Aryutin)が中心となって執刀した手術で、女性の卵巣からは25キロの腫瘍が摘出された。この手術の様子は同病院のFacebookに投稿されているが、腫瘍はビーチボールに匹敵するほどの大きさがある。なお『Central European News Agency』によると、腫瘍は良性で女性は順調に回復しているということだ。

同病院は「非常に稀なケースと思われるかもしれませんが、このように大きな腫瘍が摘出されるのは決して珍しくありません。患者が症状を放置し病院へ来るのが遅れるケースがほとんどですが、腫瘍が大きくなると膀胱、胃、腸などを圧迫して痛みを伴います」とコメントしており、症状が悪化する前に医師の診察を受けるよう呼びかけた。
TechinsightJapanの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

海外ニュース

海外ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2019年8月31日の国際総合記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

世界の経済情報、政治、外交、宗教や事件など世界中の情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。