新生児約8人分、25キロの卵巣腫瘍 59歳女性から摘出(露)



卵巣腫瘍は小さいうちは無症状であることが多いが、これほど大きな腫瘍があれば頻尿や腹部膨満感、体重増加、下腹部や背中の痛みなど様々な自覚症状があったはずである。医師は「早期発見のためには、年に1回は婦人科検診をしておくことが大切です」と述べている。

ちなみに今年4月には、インドの16歳の少女の子宮から15キロの腫瘍が摘出されている。少女は生理が止まり腹痛を訴えていたという。

画像は『Mirror 2019年8月28日付「Surgeon does victory dance after removing huge 55lbs tumour from patient’s ovary」(Image: Moscow Hospital #29 / east2west news)』のスクリーンショット
(TechinsightJapan編集部 A.C.)

当時の記事を読む

TechinsightJapanの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

海外ニュース

海外ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2019年8月31日の国際総合記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

世界の経済情報、政治、外交、宗教や事件など世界中の情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。