「宝くじの呪い」3年前に大金を当てた夫婦が窃盗容疑で逮捕(米)

「宝くじの呪い」3年前に大金を当てた夫婦が窃盗容疑で逮捕(米)
3年前に宝くじで大金を手にした夫婦、今は刑務所へ(画像は『INSIDER 2019年9月4日付「A Michigan couple who won the lottery in 2016 were just charged in a months-long burglary spree」(Michigan Lottery Bureau)』のスクリーンショット)
「宝くじの呪い」という言葉があるように、宝くじで一攫千金を手にした人達の中には転落の人生を辿ってしまう者もいる。このほどアメリカで逮捕された夫婦も3年前に宝くじによって大金を手にしていたが、今は刑務所の中で過ごすことになってしまった。『INSIDER』『Washington Post』などが伝えている。

先月29日の午後2時半頃、米ミシガン州のメリット・タウンシップのある住人から盗難に遭ったと通報があり、ベイシティ警察が捜査を進めていた。すると同州で、過去に同様の手口で盗難の被害があったことが分かった。

そして容疑者の車を割り出し、後にハンプトン・タウンシップの食料品店の駐車場で容疑者のものと思われる車が見つかり、その場にいた夫婦を住居侵入、窃盗容疑で逮捕した。逮捕されたのはミッチェル・ティー・アルンスヴァルド(Mitchell T. Arnswald、29)とステファニー・ディー・ハーヴェル(Stephanie D. Harvell、28)だった。

実はこの2人、3年前の2016年1月にインスタント宝くじに当選したことで50万ドル(約5,300万円)の大金を手にしていた。当時25歳だったステファニーは当選した際のインタビューで「当たったことが分かった瞬間、私は子供のように泣いてしまいました」と語っている。

当時の夫婦は、必死に働いて2人の娘を育てながら生計を立てていたようだ。ところが生活が成り立たず、車を失うことになったうえ、住居の立ち退き通知を受けて途方に暮れていたという。そして藁にもすがる思いで立ち寄ったガソリンスタンドの売店で5ドル(約530円)のインスタント宝くじを購入したところ、当選し大金を手にすることとなったのだ。

あわせて読みたい

TechinsightJapanの記事をもっと見る 2019年9月6日の国際総合記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

国際総合ニュースアクセスランキング

国際総合ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

海外の人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

世界の経済情報、政治、外交、宗教や事件など世界中の情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。