強盗と勘違いされ拘束された猫 「無実」を訴えるような姿が人気に(米)

このほどアメリカの警察が、非常に珍しい容疑者を拘束したことで人々の関心を集めている。市民から住居内に不法侵入者がいると通報を受けて、現場に駆けつけた警察官が拘束したのは猫だった。警察のFacebookに投稿された容疑者の猫の写真を目にした人からは笑顔が溢れたようだ。『New York Post』『ABC Action News』などが伝えている。

今月2日、米フロリダ州にあるコリアー郡保安官事務所のFacebookに身柄を拘束された容疑者の写真が投稿された。前日の夜に拘束した容疑者は白と黒の毛色を持つ猫だった。警察車両の後部に拘束された猫は鉄格子の間から顔と手を出して、まるで「自分は無実だ!」と訴えているように見える。

同保安官事務所に当時、市民から住居内で物音するため「不法侵入者がいる」と通報があり、保安官が4人も現場に向かった。この時4人の誰もが不法侵入による強盗ではないかと思っていたという。しかし現場に到着して住居内を確認すると、不法侵入していたのは人間ではなく猫だったことが判明した。同保安官事務所はFacebookにこのように記している。

「我々は現場に到着してすぐ、住民が耳にした物音をたてていた犯人が小さな猫だということを発見しました。そしてこの“猫の強盗”を拘束して、更なる供述を取るためと保護のために動物保護施設へと引き渡しました。」

このユニークな投稿は多くの人に笑顔をもたらしたようで、次のようなコメントが届いている。

当時の記事を読む

TechinsightJapanの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

海外ニュースランキング

海外ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2019年9月7日の国際総合記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

世界の経済情報、政治、外交、宗教や事件など世界中の情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。