世界最高齢74歳女性、双子を出産も「非倫理的」批判の声相次ぐ(印)

世界最高齢74歳女性、双子を出産も「非倫理的」批判の声相次ぐ(印)
57年間子供に恵まれなかった夫婦が双子を授かる(画像は『Metro 2019年9月6日付「Woman, 74, becomes world’s oldest mum after giving birth to twins」(Picture: SWNS)』のスクリーンショット)
体外受精において40年以上の歴史を持ち、不妊治療が一種のブームとなっているインドで今月5日、74歳の女性が双子の赤ちゃんを出産した。74歳での出産は世界最高齢となるが、「超高齢出産についてはなんらかの規制が必要」「非倫理的」「危険すぎる」などの批判が相次いでいるようだ。『Hindustan Times』『Times of India』などが伝えた。

アーンドラ・プラデーシュ州イースト・ゴダバリ地区にあるネラパーシパドゥ村(Nelapartipadu)在住のエラマティ・マンガヤマさん(Erramatti Mangayamma、74)と農業で生計を立てている80歳の夫ヤラマティ・シタラマ・ラジャラオさん(Yaramati Sitarama Rajarao)の間に5日午前10時30分、双子の女の子が誕生した。

1962年3月22日に結婚した2人は子供を望み、これまでに数多くの病院を訪ねたり寺で祈りを捧げてきたが、57年間子供に恵まれなかった。

エラマティさんは74歳で双子を授かった喜びを、次のように語っている。

「子供ができないことで私は長い間、まるで罪を犯した人間であるかのような目で見られてきたのです。近所の人には子供ができない女性を蔑む卑語(godralu)で呼ばれたこともありました。でも夫は私をいつも守ってくれました。」

「昨年、近所の55歳の女性が体外受精で子供を授かったのを知って、私にもまだチャンスがあるのではと思いました。こうしてやっと双子を授かることができて、子供が産めない女と呼ばれることもなくなります。私たち夫婦は世界で一番幸せです。これからは産まれてきた双子をしっかりと育てていきます。」

あわせて読みたい

TechinsightJapanの記事をもっと見る 2019年9月7日の国際総合記事
「世界最高齢74歳女性、双子を出産も「非倫理的」批判の声相次ぐ(印)」の みんなの反応 1
  • 匿名さん 通報

    社会的教養がない為に悲劇を生むのか、本人が無計画のアホ老害なのか。 どちらでも、こどもが被害者。 幸せに育ちますように

    0
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

国際総合ニュースアクセスランキング

国際総合ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

海外の人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

世界の経済情報、政治、外交、宗教や事件など世界中の情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。